甘酒の色んなアレンジを試してみた!1番美味しい組み合わせは?

甘酒の色んなアレンジを試してみた!1番美味しい組み合わせは?
投稿日: 2017年2月15日 更新日: 2023年2月3日
閲覧数: 79,732
20 この人たちがステキしました
ステキをしている人
author
小3男の子と年中女の子のママです。料理とキャラ弁が趣味で、お裁縫は挑...
少し前から巷で流行ってますねぇ、甘酒。
飲む点滴だとか、飲む美容液だとか、、、

美容にそこまで力を入れていない私は(諦めているとも言う(^_^;)笑)
今まではスルーしていましたが、疲労回復効果が高いとか、朝の目覚めが良くなると聞いて、甘酒を習慣的に飲んでみようと決めました。

というのも、最近育児疲れがひどくて毎日フラフラになりながら、幼稚園を往復したり、朝も起き上がるのもしんどかったりで。

色んな健康食品も試してみましたが、高いものだと日常的に毎日続けるのも難しいし、甘酒ならリーズナブルだしと試してみることにしたのです。

ただ、私今まで3●年生きてきて、甘酒って飲んだことなかったかも?(^_^;)
よく甘酒苦手と言ってる人を目にするので、恐る恐る試してみると、、、

うん、、、思ったほど苦手な味でなく、嫌いな味ではないんですが、確かに甘ったるいのであまり量は飲めないし、何より毎日飲んでたら絶対飽きてきちゃいそう(^_^;)

そこで、この1週間くらい、色んな飲み物と甘酒を割って試してみました!

色々試してビックリ!
まずは、他の飲み物と割ることで甘酒がとっても美味しく飲みやすくなることにビックリ!

そして、組み合わせる飲み物を変えることで全く違う味わいに変化することにもビックリ!

これだけ味変出来るなら、毎日甘酒続けることも苦にはならないと確信。

今回5種類の組み合わせを試しましたが、そのそれぞれの感想と私個人が美味しいとオススメするランキングをご紹介します。

甘酒苦手だという方にも是非試して頂きたいです!
もちろん、今回試した以外にも、もっともっと美味しい組み合わせがあるかもしれませんので、あなたのお気に入りの組み合わせを模索してみて下さいね( ^ω^ )

甘酒はこちらの商品を試してみました。

甘酒はこちらの商品を試してみました。

普通にスーパーの店頭に置かれているものです。
ノンアルコールではなく、アルコール1%でごく微量のアルコールがありますので、少しお酒の香りも感じます。

甘酒+豆乳 1:2の場合

これだけ、画像を撮り忘れましたが、まずはオーソドックスな組み合わせのこちらから試してみました。

豆乳の甘みとまろやかさで甘酒が飲みやすくなるし、豆乳の甘みと甘酒の甘みは相性が良いです。
豆乳が臭み消しになるのか、アルコールの酒臭さも軽減されます。

スイーツみたいな味で、ゼラチン入れたらそのまま豆乳プリンになりそうです。

ただ、甘酒の甘ったるい感じが苦手な方には合わないかもしれません。

甘酒+トマトジュース 1:2の場合

甘酒+トマトジュース  1:2の場合

豆乳と甘酒が甘い感じだったので、次はスッキリ頂ける組み合わせを試すべく、トマトジュースと割ってみました。

実は普段トマトジュース単独だと酸味が苦手であまり好きではないんですが、飲んでみて衝撃!!

美味しいー!
上質な野菜ジュースって感じ!

フルーツトマトとか、糖度の高い高級トマト100%で作ったトマトジュースみたいになります。

甘酒はトマトの酸味を和らげ、トマトは甘酒の甘ったるさをスッキリさせ、まさに相乗効果!

ただ、豆乳と割った時より、アルコールのツンとした香りが後味に残るのだけがやや気になります。

そこで、少し牛乳を足すとまろやかで飲みやすくなりました。

豆乳や牛乳は臭み消しの働きが高いみたいですね。

甘酒+ほうじ茶 1:2の場合

甘酒+ほうじ茶  1:2の場合

酸味のあるものとの組み合わせが美味しかったので、次は苦味のあるものと組み合わせてみました。

ビックリしたのは、あれだけ甘かった甘酒の甘みがほとんど感じられなくなったこと、甘酒を足してみても甘味をあまり感じませんでした。

甘いのが苦手な方には良いかもしれません。
ただ、個人的には2つの相乗効果で美味しくなった感じはなく、これは私にはイマイチ。

甘酒+コーヒー 1:2の場合

甘酒+コーヒー  1:2の場合

苦い物との組み合わせ、第2弾として、お次はコーヒーと。

コーヒー自体はほうじ茶より苦味が強いはずなのに、不思議とこれはしっかり甘くなります。

普通にシロップを入れたアイスコーヒーの味に近く飲みやすいですが、やはり後味に少しアルコールを感じるので、これも牛乳を足すと、甘酒と言われなければ普通のアイスコーヒーと思うような味になります。

甘酒+カボスジュース 1:2の場合

甘酒+カボスジュース  1:2の場合

最後に、トマトジュースの酸味と甘酒の相性が良かったので、もっと酸味の強いものと組み合わせたらどうかな?

と、たまたま家にあったこのカボスジュースと組み合わせてみました。
もちろん、これと同じじゃなくても、グレープフルーツジュースとかレモンウォーターでも近い味わいになると思います。

クエン酸とのダブル効果で疲労回復には最強の組み合わせかも!

割ってみた画像がこちら↓

果肉も入っています。

果肉も入っています。

カボスジュース+甘酒

キターーーー!!

私、これが1番ヒットでした!
全く甘ったるさがなくスッキリ飲めるし、しっかり酸味があるけど、酸っぱすぎないから飲みやすい、ゴクゴクいけます!


個人的なランキングをつけると

1位 甘酒+カボスジュース
2位 甘酒+トマトジュース
3位 甘酒+コーヒー
4位 甘酒+豆乳
5位 甘酒+ほうじ茶


という感じです。

でも、すごくNGな組み合わせはなく、どれもそれぞれ甘酒単独で飲むより飲みやすくなりました。

その日の気分で飲む組み合わせを変えたり、飽きてきたら、また新しい組み合わせにチャレンジして開拓してみたりすると、飽きずに続けらると思います。

コツ・ポイント

ちなみに、一週間甘酒を飲み続けた結果、疲れを感じにくくなったり、寝不足でもいつもより眠気を感じにくかったり、朝が楽だったり、肌の調子が良かったりと如実な変化があり、甘酒の効果はやはり期待出来そうです!

また、甘酒をお料理に使ったレシピもありますので、興味があれば合わせてご覧ください↓

甘酒の下味で、むね肉がふっくらジューシー!鶏の照り焼き
甘酒の下味で、むね肉がふっくらジューシー!鶏の照り焼き
2017年2月16日
先週から、健康のために甘酒ライフを満喫している私ですが、、、詳しくは前回の記事をご覧ください↓ 甘酒って、甘みもあって酒や麹も入ってるから、料理の調味料にも良いのでは? しかも、塩麹みたいに胸肉に使うと柔らかくなるかも? と、突如思いつきで行き当たりばったりで作ったレシピです。 美味しく出来たので、是非参考にお試し下さい。 味は、塩麹で漬け込んで焼いたものに近い味わいでした。 塩麹は、焦げやすいから1度キッチンペーパーで拭いてから焼くなど手間ですが、甘酒は必要ないので時短になります。
2017年2月16日



SNSでシェア
詳しく見る


関連するキーワード