ホントは料理できない、フジモン(藤原敏史)パパが作る朝食って? 

ホントは料理できない、フジモン(藤原敏史)パパが作る朝食って? 
投稿日: 2016年4月27日 更新日: 2017年10月27日
閲覧数: 338
4 この人たちがステキしました
ステキをしている人
author
ベビモ冬春号の表紙は近藤千尋さん♡ ベビモは3月、6月、9月、12月...
子どものおいしい笑顔は、パパたちにとってなによりの活力源!
長女(3才)との朝食タイムに成長を感じてます! という、藤本敏史(FUJIWARA)さんにComo編集部がおはなしを伺ってきました!

食べるより遊びたいと「おなか痛い」攻撃!

「仕事で家を空けることが多いんで、朝は3才の娘との貴重なコミュニケーションタイム。食事をする姿を見ると成長がものすごくよくわかるんです」「食べる量が増えたなとか、これが食べられるようになったんか!とか。好き嫌いはなんもないです。野菜も納豆も、なんでも食べてくれます。でもね、食べるより遊びたいときとかに、「おなか痛い~」ってうそつくんですよ~」

うそをつくのもこれまた成長のあかし?

「初めて言われたときはすっごい心配しましたよ。でも何回かやられているうちに、これうっそやなぁって(笑)。パパはだませると思ってるみたいで。これも成長といえば成長なんですかね。「はい、うそでしょ、食べなさい」って言うと素直に食べますけどね」    「娘にいつも言うのは、食べるときの姿勢と、食べ物を粗末にしないということ。ボクはめったに怒らないんですが、これだけは「パパの言うことを聞きなさい」ってきちんと目を見て言い聞かせます。人として大事なことやと思うんでね」

早起きして作るのはウインナー&みそ汁

「ボクは料理はほとんどできないんですよ。そんなボクが料理をするのは、娘のためというより嫁のため。夜中の授乳で疲れている嫁を少しでも寝かせてあげたいから、早起きして朝食作るとかね。朝食言うても、ウインナーとみそ汁とごはん、その程度ですけど」     その程度!にフジモンパパの深〜い愛情を感じずにはいられません。家族で囲む食卓の時間、大事にしていきたいですね。

コツ・ポイント

Como4月号では杉浦太陽さん、ユージさん、笠原将弘さんにもインタビュー。食がつなぐ親子の絆について考えます。●アマゾン http://amazon.co.jp/dp/B01BCF8JUE?tag=comomag-22%E3%80%80
●年間定期購読がお得です。http://www.fujisan.co.jp/product/941/

SNSでシェア