お知らせ

お知らせがあるとここに表示されます

コメント

コメントがあるとここに表示されます

編集部からの連絡

編集部からの連絡があるとここに表示されます

クローゼット収納⑤ 服を選びやすくする3つのコツ

クローゼット収納⑤ 服を選びやすくする3つのコツ
投稿日: 2016年1月12日 更新日: 2023年9月21日
閲覧数: 33,473
99 この人たちがステキしました
ステキをしている人
author
兵庫県在住 ライフオーガナイザー/クローゼットオーガナイザー 小学5...
兵庫県宝塚市在住のライフオーガナイザー 原田ひろみです。

私は洋服を毎日快適に選ぶことができるように3つ工夫をしています。

●どこに入っているかすぐわかる
●取り出しやすい
●戻しやすい

現在(冬仕様)のクローゼットから3つのコツをご紹介します。

①クローゼットを開けると全て見渡せる

①クローゼットを開けると全て見渡せる

どれもクローゼットを開けて見渡せるようにオンシーズンの服はほぼハンガーに掛けています。

ハンガーだと伸びてしまうセーターなども引き出しに入れずハンガーポールの吊り下げ収納を活用しています。


②小物も見渡せる

②小物も見渡せる

マフラーやショールも引き出し上のボックスに入れて上から一度に見渡せるようにしているので選びやすく戻しやすい。

③オフシーズン服は隠す&デッドゾーンへ

③オフシーズン服は隠す&デッドゾーンへ

オフシーズンの服はあえてカバーをして隠し、取り出しにくい扉のデッドゾーン(端)に寄せる。

「オフシーズンの服は視界に入れない。」

そうすることで着たいオンシーズンの服だけが視野に入り、探しやすくなります。

引出しにはオフシーズンの服を入れる

引出しにはオフシーズンの服を入れる

引き出し収納は開けないと中が見えないので見渡すには使いずらく感じる収納方法。


さらに出し入れ時にどうしてもアクション数が増えてしまいます。
(引き出しを開ける→服を取り出す→引き出しを閉める)


そのため引き出し収納は普段着る服を入れず、主にオフシーズンの服や、使用頻度の低いスポーツウェアなどを入れる場所にしています。

コツ・ポイント

クローゼットから服を取り出したり、戻したりすることがスムーズにできることで毎日の服選びがラクになります。


使いやすさも人それぞれ違いますが、「着る服が一度に見渡せる」ことでグッと選びやすくなります。
吊り下げ収納など見渡せる収納アイテムを活用したり、オフシーズンの服をあえて見えなくしまうことでさらに快適なクローゼットに整えることが可能です。


伸びてしまうセーターなどたたむ服も引出しに入れてなくても、吊り下げ収納を活用することで見渡せる収納(すぐに取り出せる収納)にすることができます。



SNSでシェア
詳しく見る




「収納・整理整頓」の人気アイデア