ピクルスよりも食べやすい保存食レシピ「野菜のグレック」

ピクルスよりも食べやすい保存食レシピ「野菜のグレック」
投稿日: 2015年6月1日 更新日: 2020年7月7日
閲覧数: 15,721
20 この人たちがステキしました
ステキをしている人
author
主婦の友社のお料理の本からベストレシピをセレクト、スタッフが自分で...
正しくは「レギューム・ア・ラ・グレック」。「ギリシャ風の野菜」という意味で、野菜をオリーブオイルで炒め、マリネ液に漬け込み冷やした料理を言います。

今回はオリーブオイルと白ワインを使うものを紹介します。

コリアンダーなどのスパイスを使う場合が多く、またお酢やレモン汁を入れて酸味を加えるレシピも。煮汁につけたまま冷やして食べるのが定番です。
今回は冬野菜が中心ですが、夏ならズッキーニ、なす、セロリ、たまねぎなど、よくピクルスに使う素材で作っても。

材料

  • カリフラワー、パプリカ、にんじん、マッシュルーム :合わせて400g程度
  • にんにく :2かけ
  • コリアンダー :小さじ1
  • ローリエ :1枚
  • 白ワイン :1/2カップ
  • オリーブオイル :1/2カップ
  • :少々

材料

材料

カリフラワー、パプリカ、にんじん、マッシュルーム 合わせて400g程度 
にんにく 2かけ 
コリアンダー 小さじ1 
ローリエ 1枚 
A 白ワイン 1/2カップ、オリーブオイル 1/2カップ、塩 少々 
オリーブオイル 適量

1 準備

1 準備

カリフラワーは小房に分ける。
パプリカは一口大に、にんじんは1cm角の棒状に切る。

マッシュルームは石づきの汚れがついている部分だけを切り落とし、大きければ半分に切る。
にんにくはつぶす。

2 炒める

2 炒める

なべにオリーブオイルを熱し、にんにく、コリアンダー、ローリエをいためる。
香りが立ったら残りの野菜を加える。

3 煮る&詰める

3 煮る&詰める

全体に油が回ったらAを加える。
煮立ったらアクをとってふたをし、弱火で15分蒸し煮にする。
冷めてからびんに詰める。

4 できあがり

4 できあがり

ワインの風味とオリーブオイル、にんにくで、洋風の作りおき付け合せが。
とり出すときは清潔なはしを使います。
冷蔵庫で5日程度保存可能です。



SNSでシェア