お知らせがあるとここに表示されます

コメントがあるとここに表示されます

編集部からの連絡

編集部からの連絡があるとここに表示されます

プレスリリース

【銀座 蔦屋書店】第45回木村伊兵衛写真賞受賞の写真家・横田大輔の新作個展「Sludge」を6月26日(土)より開催。

オンラインストアでは6月16日(水)12時より全作品を先行販売開始。

銀座 蔦屋書店(東京都中央区)は、現代の写真界をリードする写真家・横田大輔の新作個展「Sludge」を2021年6月26日(土)~7月16日(金)の期間に店内アートウォール・ギャラリーにて開催いたします。また、オンラインストアでは全作品の先行販売を実施いたします。


Daisuke Yokota, Untitled, 2020, Archival Pigment Print




概要

横田大輔は、昨年写真界の芥川賞と称される第45回木村伊兵衛写真賞を受賞した写真家です。
2011年に制作した自費出版の作品集「Back Yard」が欧米を中心に大きな話題となって以降、2014年にFoam Museumでの個展「Site/Cloud」の開催など、その活動は現代アート写真をリードする存在として、国内外で高い注目を集めてきました。

スキャンの多用、デジタル上の加工、熱湯現像など、写真制作のプロセスに着目し、偶然性を介入させながらイ
メージ生成するその作品は、写真というメディアとその表現に挑戦し続けています。

「Sludge」と題された本展覧会では、代表作「Color Photographs」の系譜にあたる新作を発表します。
大判フィルムに熱湯現像を施すことで、溶解して多様な化学変化を起こし、剥がれ落ちたテクスチャーを重ねてスキャンしたイメージは、デジタル写真の台頭で希薄となった写真の素材そのものの存在、その物質性を色鮮やかに問いかけます。

本展覧会は、6月初旬までrin art associationにて開催された新作展を皮切りに、銀座 蔦屋書店(6/26-7/16)、RICOH ART GALLERY(7/10-8/7)と続く、木村伊兵衛写真賞を受賞して以降に連続開催される横田大輔の一連の新作個展の一つです。

分断されがちな現代アートと写真界をつなげる、期待の高まるアーティストです。現代アートコレクターの方々にも是⾮注目していただきたい展覧会となっています。写真というメディアの在り方を問いかける、現代アート写真表現の最先端を是⾮ご高覧ください。

<木村伊兵衛写真賞とは>
写真家の故 木村伊兵衛の業績を記念し、朝日新聞社が1975年に創設した写真賞。各年、写真制作や発表活動にすぐれた写真家が対象となり、写真界の芥川賞とも言われています。


販売について

今回銀座 蔦屋書店で開催する個展では、新作作品の展示販売とあわせて、横田が重要な発表媒体としてきた「Film」「Room/Furniture」などの自費出版の作品集や、すでに絶版となった「MATTER/BURN OUT」「site/cloud」などの希少な写真集も販売いたします。

またオンラインストアでは、第45回木村伊兵衛写真賞の受賞作「Sediment」、そして代表作の「TARATINE」「VERTIGO」のプリント作品をはじめ、会場で展示する全てのプリント作品を販売いたします。

販売場所|銀座 蔦屋書店店頭・オンラインストア
販売開始日時|6月16日(水) ※オンラインストアは12時より販売開始

URL|https://store.tsite.jp/ginza/blog/art/20610-1650060614.html


アーティストプロフィール

横田大輔 Daisuke Yokota



1983年、埼玉県生まれ。日本写真芸術専門学校卒業。
2008年「キヤノン写真新世紀」佳作(大森克己選)、
2010年 「第2回写真1_WALL 展」グランプリを受賞。
2016年、Foam Paul Huf Award、第45回(2019年度)「木村伊兵衛写真賞」を受賞。
これまでに『垂乳根』(Session Press、2015)や『VERTIGO』(Newfave、2014)、
『MATTER/BURN OUT』(artbeat Publisher、2016)
など数多くの写真集を国内外で発表している。
主な個展・グループ展に、Foam写真美術館「Site / Cloud」(2014)、「Matter」(2017)、「SHAPE OF LIGHT」(Tate Modern、2018)、「Painting the Night」(Centre Pompidou-Metz, 2018-2019)、「Photographs」(rin art association, 2021)など。


展示詳細

横田大輔 個展「Sludge」

会期|2021年6月26日(土)~7月16日(金)
※営業時間は当店Webサイトをご確認ください。
※会期は変更になる場合もございます。

会場|銀座 蔦屋書店アートウォール・ギャラリー
入場|無料
主催|銀座 蔦屋書店
お問い合わせ|03-3575-7755(営業時間内) /info.ginza@ccc.co.jp
URL|https://store.tsite.jp/ginza/blog/art/20610-1650060614.html

横田大輔 関連展覧会
RICOH ART GALLERY 「Alluvion」

会期|2021年7月10日(土)~ 2021年8月7日(土)
時間|12:00~19:00
※新型コロナウイルスに伴う緊急事態宣言発令により、営業時間・会期は前後する
可能性がございます。
休廊日|月・日・祝
URL|https://artgallery.ricoh.com/


店舗詳細

銀座 蔦屋書店

本を介してアートと日本文化と暮らしをつなぎ、「アートのある暮らし」を提案します。



住所|〒104-0061 東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 6F
電話番号|03-3575-7755
営業時間|店舗ホームページをご確認ください。
ホームページ| https://store.tsite.jp/ginza/
Facebook|https://www.facebook.com/GINZA.TSUTAYABOOKS/?ref=bookmarks
Twitter|https://twitter.com/GINZA_TSUTAYA
Instagram|https://www.instagram.com/ginza_tsutayabooks/


CCCアートラボ

CCCアートラボは、企画会社カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社の中でアートに関する生活提案をするチームです。私たちが目指すのは「アートがある生活の提案」。アートを身近にし、誰かの人生をよりハッピーにすること、より良い社会をつくることに貢献したいと考えています。また、店舗企画やアートメディア、商品開発やイベントプロデュースなど、長年の実業経験を通して培った知見をもとに、わたしたちだからできるアプローチで企画提案を行います。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
暮らしニスタとは?
よくある質問

姫ニスタインタビュー

特に今、注目したい暮らしニスタを"姫ニスタ"と命名。素敵なアイデアが生まれる背景や、そのキャラクターを探ります。

Vol.58 MaMan*さん| 今月の注目姫ニスタさんインタビュー!
vol.58

MaMan* さん

ハンドメイドアイデアクリエイターとして、雑誌やテレビのハンドメイド企画の監修などを手がけるMaMan*さん。暮らしニスタでも、身近な素材を使ったかわいいだけでなく実 用性もあるものづくりのレシピが好評。ご主人と高校生の長女、中学生の次女との4人暮らしです。

RIRICOCOさん
vol.57

RIRICOCO さん

にじいろ工房さん
vol.56

にじいろ工房 さん

AKKOさん
vol.55

AKKO さん

アンケート隊
暮らしサポーター

暮らしニスタの最新情報をお届け


開催中! 暮らしニスタ

コンテスト

CONTESTS

コンテスト

JAVATEAで週末がもっと楽しい♪家族で味わうレシピコンテスト
家事や育児がラクに!「使ってよかった無印良品」コンテスト
夏のヘアアクセサリーコンテスト