お知らせがあるとここに表示されます

コメントがあるとここに表示されます

編集部からの連絡

編集部からの連絡があるとここに表示されます

プレスリリース

みんなで食べて、コロナ禍にも「下剋上」!?「下剋上鮎・献上箱」新発売のお知らせ

明治41年創業の老舗和菓子屋「玉井屋本舗」は、大好評の「下剋上鮎」に待望の大容量版、「下剋上鮎・献上箱」を2020年6月12日より新発売いたします。

合名会社玉井屋本舗(代表社員:玉井弘子)は多くのお客様からのご要望を受けて、人気商品「下剋上鮎」に大容量版、「下剋上鮎・献上箱」を2020年6月12日より発売します。 「下剋上鮎・献上箱」は、本商品のモチーフとなった「長良川の鵜飼(漁、観覧船の運行)」が、過去70年間で初めて延期され、この度開始の目処がついたことを記念し、プレミアムパッケージとして開発された新ラインナップです。








商品のポイント
・これまでにない大容量版(計12枚入り)!
・箔押しの豪華デザインで、お土産や大人数でのシェアにも最適!



これまでにない大容量版(計12枚入り)!

2019年12月より、1枚入りと4枚入りの2つのラインナップで販売を開始した「下剋上鮎」ですが、発売から半年間で非常に多くのお客様にお買い求めいただきました。その間、「知人にも配りたいのでもっとたくさん入った商品が欲しい」という声を数多くいただきました。そういったお客様の声を受けて12枚入りを開発いたしました。




箔押しの豪華デザインで、お土産や大人数でのシェアにも最適!

正面にロゴを大きく箔押しした、シリーズラインナップの中でも際立って高級感のあるデザイン。
意味深なお土産品として、文字通り「献上」するも良し。大人数でのシェアやバラマキ用にするも良し。
様々なシーンでお楽しみいただけます。


「下剋上鮎」シリーズ



新型コロナウイルスの蔓延に伴い、多くの人や企業が苦境に立たされています。本商品のモチーフである長良川鵜飼も、過去70年で初となる延期を余儀なくされ、玉井屋本舗のある川原町もまた、かつてないほどの閑古鳥... しかし、負けてはいられません。「いつまでも、食われてばかりじゃいられない。」とばかりに鵜に食らいつく鮎を食べて、さぁ、コロナ禍に「下剋上」を!


■商品概要
【名  称】   下剋上鮎・献上箱
【価  格】    3,500円(税抜き)
【フレーバー】   黒糖、抹茶 2種
【発売日】    2020年6月12日
※オンラインショップでは先駆けて発売開始しております。
【販売チャネル】 玉井屋本舗、オンラインショップ
※しばらくは玉井屋本店とオンラインショッピングの限定販売となります。

■合名会社玉井屋本舗
玉井屋本舗は明治四十一年に岐阜の清流長良川の近くに広がる城下町「川原町」に創業し、心のこもった伝統のお菓子「登り鮎」「やき鮎」「味噌松風」等、この地を 代表する和菓子を創り上げて参りました。伝統は守りつつ、世代を問わず皆様に喜んでいただけるお菓子を追求し、味わい深い和菓子の世界を提案していきたいと思っております。

■公式サイト(インターネットでの購入サイト)
https://tamaiya-honpo.co/

■問合せ先
玉井屋本舗  058-262-0276
下剋上鮎開発者 090-6484-1274

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
暮らしニスタとは?
よくある質問

姫ニスタインタビュー

特に今、注目したい暮らしニスタを"姫ニスタ"と命名。素敵なアイデアが生まれる背景や、そのキャラクターを探ります。

Vol.49 横田ちひろさん| 今月の注目姫ニスタさんインタビュー!
vol.49

横田ちひろ さん

兵庫県で、夫と中学1年生の娘と3人暮らし。「暮らし整えサポーター」を肩書に、主に乳幼児宅の片付けのコンサルティングや、親子の悩みを共有しながら一緒に考える「親子のはぐくみ会」を開催するなど、各家庭に合った暮らしづくりを支援しています。2020年4月からは、NPO法人に所属し、県内の男女共同参画センターに勤務。

ひろさん
vol.48

ひろ さん

奥田倫子さん
vol.47

奥田倫子 さん

森麻紀さん
vol.46

森麻紀 さん

アンケート隊
暮らしサポーター

暮らしニスタの最新情報をお届け


開催中! 暮らしニスタ

コンテスト

CONTESTS

コンテスト

プチプラ!夏のファッションコンテスト
材料2つでできる♪レシピコンテスト