薄さがポイント!水切りのスッキリを叶えるアイテム3つを使って快適キッチンに♪

薄さがポイント!水切りのスッキリを叶えるアイテム3つを使って快適キッチンに♪
投稿日: 2022年1月21日 更新日: 2023年6月1日
閲覧数: 21,951
15 この人たちがステキしました
ステキをしている人
author
愛知県北名古屋市在住のライフオーガナイザー®︎ 井上 有希です。 『...
こんにちは、ライフオーガナイザー®︎のいのうえゆきです。

ズボラな私、水切りラックにたまるピンクヌメリが嫌い、それを定期的に洗うのはもっと嫌。
そこで新築時に食洗機を導入しましたが、キッチン周りのものって手洗いも多いので自然乾燥スペースは必要ですよね。

使わない時は扉の中にしまっておきたいタイプの私には、3点使いがぴったりでした!

材料

  • 水切りマット(イケア ニーショリド)
  • ワイヤーラティス 4×16マス(セリア)
  • ポリ袋ホルダー (山崎実業)

広げても、半分に折っても使える水切りマット

広げても、半分に折っても使える水切りマット

このイケアの水切りマット『NYSKÖLJD(ニーショリド)』に変えてから、洗濯の手間は増えますがヌメリに悩まされることはなし!!
1枚 299円で買い足しもしやすく、他メーカーでも似たものはありますが素材のしっかり感と色が好みでイケアのもの使っています。

丈夫なのでキッチンカウンターの角に沿うようにしてスリムに使用し、食器が多い時には広げて使います。

ずっと濡れたまま使い続けると、もちろんカビが発生しますのでご注意を!

100均のワイヤーネットも2wayで使える♪

100均のワイヤーネットも2wayで使える♪

このワイヤーラティスは長さがあり(縦15.5cm×横58.5cm)シンクに渡して配置すると軽いものなら十分乾かせます。

水切りラックを辞めて気がついたのは、一年を通して使う食器の傾向も違ってくるということ。
夏はとにかく牛乳パックも水筒も、ペットボトルも乾かしたいですよね。

このアイテムが特におすすめなのは、夏場です。
ペッドボトルを大量に乾かしたい時にはこれが大活躍。

写真のように、500mlはもちろん、2Lサイズもかなり乾かせちゃいますよ。
このワイヤーラティスの1マスが約3.5cmの正方形なのでペットボトルの口周りがしっかりハマり、立てておけるんです。

生ゴミにも水筒乾燥にも便利な、ポリ袋ホルダー

生ゴミにも水筒乾燥にも便利な、ポリ袋ホルダー

水切りマットやワイヤーラティスだけでは重さのある水筒やまな板はちょっと乾かしにくい場合もあります。

そんな時に使い始めたのが、使わなくなっていた三角コーナーとして役立つ「ポリ袋ホルダー」。

引っ掛け棒に水筒を入れて乾かしたり、まな板やフライパンを立てかけることもできます。


生ゴミは日によって出る量がまちまちで結局そのままゴミ箱に入れたり、水切りができる生ゴミ用袋を使っていたので、このアイテムを本来の使い方では使わなくなって半年そのまま置いており再利用ができました。

使わない時は、薄く保管できる!

使わない時は、薄く保管できる!

食洗機だけで済む際はこの3点を使いませんが、その場合はこんなにもコンパクトに。

キッチンの隙間にさっとしまえて快適です。
どなたかのご参考になりますと嬉しいです。


SNSでシェア
詳しく見る