小学校タブレット1人1台!簡単100均でタブレットケース作り(コの字に縫うだけ)

小学校タブレット1人1台!簡単100均でタブレットケース作り(コの字に縫うだけ)
投稿日: 2021年6月19日 更新日: 2021年11月16日
閲覧数: 28,095
13 この人たちがステキしました
ステキをしている人
author
14歳女の子と12歳男の子のママです。出産前は美容師。ときどきヘアメイ...
小学校でのタブレット1人1台持つ時代がやってきました。自分用のタブレットを持つのでそれを入れる袋(ケース)を準備するように手紙をもらったので、
100均のクッションケースを使って作ってみました。

材料

  • クッションケース :1つ
  • お好みの布 :約32cm×21cm
  • アクリルテープなど持ち手(約120cm) :約60cm×2本

クッションケース

クッションケース

タブレットを学校から借りるということで、大切に扱わなくとはいけないので、薄い袋では少し心配。
でも厚すぎたりするとランドセルに入れる時かさばるので、なるべくシンプルでいいはず。
あと、振り回したりとかするかもしれない?チャックがあった方が安心。
なので、クッションケースを選びました。タブレットケースもあり、それも良さそうでした。

タブレットはノートサイズ

タブレットはノートサイズ

タブレットはノートサイズだったので、やや余裕はありますがB5ケースが出し入れしやすそうです。

立派なカバー付き

立派なカバー付き

学校から持ち帰ったiPadは、立派なカバー付きでした。ケースは、小学校はもちろん中学校まで使うそうで、大切にしなくちゃっと思いました。
クッションケースは、iPadカバーが付いていても出し入れしやすくよかったです。

ランドセルがいつもいっぱいの娘には肩紐プラス

ランドセルがいつもいっぱいの娘には肩紐プラス

年代でしょうか?今6年の娘のランドセルは、4年の息子のランドセルより入りません。いつもパンパンです。
なので、娘のふくろには肩紐を付けておきました。紐はポケットにしまえるので、机の脇にぶら下げても大丈夫です。

ポケットにもなる袋作り

ポケットにもなる袋作り

クッションケースより高さが3〜5cmくらい低い袋を作り、クッションケースを入れるだけで完成。裏地もいらないので簡単にできました。
クッションケースが飛び出さないよう、横幅をピッタリサイズで作り、サイドは、裁縫上手で留めています。

材料

材料

布の大きさの目安は、ケースと同じ高さ、幅は縫しろ分ケースより大きくとります。
高さは、上下縫しろ分高さが減り、ちょうどいいポケットになると思います。
持ち手は、トートバッグ風にしたかったので長いですが、普通の手提げバックのようにするなら、30〜40cmを2本でも大丈夫です。

作り方

作り方

布上を三つ折りにしてぬいます。
持ち手(アクリルテープなど)を裁縫上手(ボンド)でくっ付けます。
ワッペンもつけました。

コの字に縫って裏返せば袋完成

コの字に縫って裏返せば袋完成

布を表合わせにして、コの字に縫います。裏返して袋完成です。

両サイドにボンド

両サイドにボンド

あとは、袋とケースをくっ付けたら完成です。

肩紐をつける場合

肩紐をつける場合

ケースと合体させる前に紐を通すためのリボンを縫っておきます。あとは、紐を通して結んで完成です。

サイズアウトジーンズリメイク

サイズアウトジーンズリメイク

私は、アクリルテープではなく、サイズアウトジーンズを使い持ち手にしました。
100均のアクリテープも種類がいろいろあるのでおすすめです。

ポケット

ポケット

ポケットには、プリントなども入るので、タブレットと一緒にしておいた方がいいものが入り迷子防止になります。

コツ・ポイント

クッションケースの幅ピッタリに作るのがポイントです。

SNSでシェア
詳しく見る