ちょっと手抜きなシンガポール海南チキンライス

ちょっと手抜きなシンガポール海南チキンライス
投稿日: 2020年8月6日 更新日: 2020年8月6日
閲覧数: 6,593
5 この人たちがステキしました
ステキをしている人
author
ブロガー、フリーランスライター。 シンガポール在住時は現地ライター...
シンガポールで習った海南チキンライスは、チキンを茹でたスープでライスを炊きますが、日本のレシピを見ると、ライスとチキンを一緒に炊く「炊き込みご飯」的なチキンライスが多いです。
時間がない時や面倒な時の為のお鍋や炊飯器でごはんとチキンと同時に作るのは便利そうなので、時短シンガポール海南チキンライスを作ってみました。

材料 (4人分)

  • 鶏肉(もも、むね肉どちらでも) :400g
  • :大さじ1
  • :大さじ2
  • オイル(ベジタブルオイル) :大さじ1
  • ニンニク(すりおろし・チューブでもOK) :1かけ分
  • 生姜(すりおろし・チューブでもOK) :大さじ1
  • お米 :3合
  • :580cc
  • 鶏ガラスープの素 :大さじ2
  • お塩 :小さじ1
  • ネギ(切らないでそのまま) :半束

鶏肉の下ごしらえ

鶏肉の下ごしらえ

鶏肉にフォークを何か所か刺します。お塩を振ってお酒を掛けて10分程おいておきます。

ニンニクとショウガを炒める

ニンニクとショウガを炒める

オイルでニンニクとショウガを弱火で香りが出るまで炒めます。

お米も炒めます

お米も炒めます

ニンニクとショウガから香りが出て来たら、お米を加えます。
お米全体にオイルが回ったら、お水と鶏ガラスープの素、お塩を加えます。

お肉をお米の上にドーンと乗せて炊きます

お肉をお米の上にドーンと乗せて炊きます

炊き込みご飯の要領でチキンをお米の上に置いて炊きます。

鶏肉は少し早目に取り出します

鶏肉は少し早目に取り出します

ご飯が炊きあがるのよりも少し早目に鶏肉を取り出します。
ストウブのお鍋だと沸騰してから9分炊きます。
その後10分蒸すのですが、その時に取り出して別にアルミホイルに包んでおきます。
面倒な時はそのまま一緒にお鍋の中で蒸してしまってもかまいませんが、ちょっとお肉が固くなるかもしれません。

付け合わせはシンプルに

付け合わせはシンプルに

チキンライスの付け合わせはキュウリのみと言うお店も多いです。
トマトが少しついて来る所もあります。
あまりいろいろ乗せずにシンプルなお店が多いです。
お野菜は別に、モヤシ炒めやカンコン(空芯菜)炒めなどを作ります。

チリソースはスィートチリソースではなくからいものをご用意ください。

かけタレもシンプルに

かけタレもシンプルに

お醤油 大さじ3
チキンスープまたはお出汁、または水 大さじ6
紹興酒(あれば)小さじ1
ごま油 小さじ1
砂糖 小さじ1

を混ぜたものをチキンにかけます。

コツ・ポイント

本来の海南チキンライスとは違った「炊き込みご飯」のチキンライス風ですが、チキンの旨みがご飯にしみてご飯がいくらでも食べられる程美味しいです。
ストウブなどのお鍋で炊くと、オコゲも出来て子供達にも大人気のいっぴんです。



SNSでシェア
詳しく見る






プレゼント&モニター募集