卵白とナッツと砂糖だけ!イタリアの素朴な焼き菓子「ブルッティマブオーニ」

卵白とナッツと砂糖だけ!イタリアの素朴な焼き菓子「ブルッティマブオーニ」
投稿日: 2020年7月22日 更新日: 2020年7月22日
閲覧数: 13,513
15 この人たちがステキしました
ステキをしている人
author
ライター/料理人。息子、夫、ロングヘアード・ワイマラナーと4人で、極...
カルボナーラを作ったあと「卵白だけが残っちゃって、どうしよう・・・」
そんなときによくつくる簡単美味なピエモンテの素朴な焼き菓子です。

イタリアのお菓子って見た目はジミ子ちゃんでもおいしいヤツが多いですよね〜。

ブルッティマブォーニという名前の由来は「Brutto 醜い、 ma(but) 、buoni 良い」。
直訳すれば、「ぶさいくだけどおいしい」(笑)

ごつごつとした見た目で飾り気がないので、イタリア人特有のおもしろいネーミングがついたようです。

ピエモンテ特産のヘーゼルナッツを入れるのが基本ですが、くるみやアーモンドなどお好みで。

ナッツが大好きなイタリアらしい飽きのこない味わい。
小麦粉不使用、卵白消費メニューとしておすすめです★

材料 (Mサイズの卵白4個分(1個でもできます))

  • 卵白 :Mサイズ4個分
  • ヘーゼルナッツ(もしくは無塩のアーモンド) :120g
  • グラニュー糖 :120g

卵白をしっかり泡立てる

卵白をボウルに入れて泡立てます。
グラニュー糖は数回にわけて入れ、その都度しっかり泡立てましょう。

ヘーゼルナッツ(アーモンド)を粗くきざむ

ナッツの食感を楽しみたいのであまり細かくしすぎないよう、ざっくり刻みます。

オーブンを160度に予熱しておきます。

メレンゲとナッツを混ぜて小鍋で加熱する

十分に泡だったメレンゲにヘーゼルナッツを加えてざっくり混ぜ合わせます。

そして、ここからがこのお菓子のポイント!
小鍋に全部移し、鍋底がうっすらと茶色になるまで、弱火にかけますよ〜。
※メレンゲに火が通って粘りが出てくるので、木べらでしっかり混ぜながら!

加熱することで粘り気を出し、白身独特のニオイもなくなります。

オーブンで焼く

オーブンで焼く

天板にクッキングシートを敷き、スプーン2個を使って少し高さを出しながら並べます。

160度のオーブンで20〜30分、しっかりサクッと焼きます。

コツ・ポイント

サクサクかるい食感なので、食後にもパクパク食べられちゃいます。
珈琲にもよく合うお菓子です♥︎

サクサク感を保持するため、乾燥剤と一緒に保存瓶に入れるか、冷蔵庫へ入れましょう。
(これからの季節は冷蔵庫が安心かも!)

そしてナッツについてですが、ウチはヘーゼルナッツとアーモンドを大容量の袋で買って常備しています。
粉末にしたいときは少しから煎りしてからフードプロセッサーにかけると、香ばしくておいしいです。
粉末で買うより安いし、たっぷり使えます♪



SNSでシェア
詳しく見る






プレゼント&モニター募集