初めてでもできた! 220円でパールネックレスの修理♪

初めてでもできた! 220円でパールネックレスの修理♪
投稿日: 2020年1月17日 更新日: 2020年1月17日
閲覧数: 18,763
17 この人たちがステキしました
ステキをしている人
author
ヘルシーでエコで簡単なお酒のあてを作るのが好きです。 添加物はなる...
弔事があったのでパールのネックレスを取り出そうと見たら、
壊れてはいないのですが、経年劣化で金具がだいぶ弱っていました。

これは修理したほうがよいと思ったのですが、
材料さえあれば、こういうことに疎い自分でもできるのではないかと思い、ダイソーへ。

この材料でいいのか? きっといいんだろう? ダメなら何か作るか。
下調べもなく軽い気持ちで買い物をしました。(^^;
家に帰って材料を広げたところ、イケそうな気がしてきました(≧▽≦)

テグスの結び方留め方はどうすればいいのか、しばしぼーっと考え、
そこで思いついた方法でやってみたら、これがとってもよかったのです(*^^*)v
テグスがはずれることなく、頑丈なつくりになりました。

パールがバラバラに飛んでしまうなんてこともなさそうです。
大成功です♪

材料

  • パール
  • テグス9号 :適量
  • カニカン・丸カン・アジャスターセット :1個

材料その1

材料その1

テグス9号。0.5mm×30m
ダイソーで110円。
テグスはちょっと太めでした。パールにギリギリ2本入るくらい。
パールの穴にもよりますが、結ぶのに力がいったので、
もう少し細くてもよいかなとと思いました。

材料その2

材料その2

カニカン・丸カン・アジャスターセット。
ダイソーで110円。
金色もありましたが、銀色を選びました。

材料のつなぎ方

材料のつなぎ方

カニカン+丸カン+テグス(パール)+丸カン+アジャスター・・・という仕組み。

まず、カニカンに丸カンをつけたら、丸カンをペンチで軽くつぶし、そこにテグスを2回結びます。
ほどけないようしっかり留めるため、ペンチなどではさんで引っぱるといいです。
ボンドで留める方法も。

テグスにパールをすべてさします。
そして、結んで余った数センチ分のテグスもパールにさしこみます。

金具の近くのパールはテグスが2本入った状態に

金具の近くのパールはテグスが2本入った状態に

金具の近くのパール何個かにはテグスが2本入った状態になります。

それから、パールをテグスの結び目(端)まで寄せます。

同様にアジャスター側も

同様にアジャスター側も

パールをすべてカニカン側に寄せたら、テグスをアジャスター側の丸カンにつなぎます。
このとき、テグスをパールの穴に通せるくらい数ミリを残して丸カンに結びます。

しっかり留めたら、パールの穴に反対側からさしこみます。
ほどよいところでテグスを切ります。

できあがり

できあがり

テグスが太めでも、パールに2本通すことでほどけることなく、しっかりおさまりました。



SNSでシェア
詳しく見る