パリのメルスリーから生地屋さんまで ❶アントレ デ フルニスールさん

パリのメルスリーから生地屋さんまで ❶アントレ デ フルニスールさん
投稿日: 2019年12月9日 更新日: 2019年12月9日
閲覧数: 842
8 この人たちがステキしました
ステキをしている人
author
チャチャっとほんのひと手間!を楽しみながら毎日の暮しを大切に過ごし...
パリのメルスリー(手芸屋さん)巡りのレポ第一弾。パリで注目エリア・マレ地区(4区)にある人気の店、Entrée des Fournisseurs(アントレ・デ・フォルニスー)さんにうかがってきました。フランブルジョワ通りから少し入った広場の奥に、高さいっぱいのMERCERIEの文字が印象的なサファード。夕暮れ時のやさしい明りに包まれた店内に引きこまれるようにお店に入ると、色とりどりのリボンや毛糸、ボタンなど、手芸好きにはうれしくなる素敵な空間が広がっています。見やすく、手に取りやすく、天井の高さを生かしたデイスプレイの品揃えに魅せられながら広い店内を、胸、キュンキュンの気分!!!で過ごしてきました。こちらのお店の名前は「業者さん用の入り口」という意味とのことですが、一般の方向けのお店です。

メルスリーならではの毛糸玉のクリスマス・オーナメント。

メルスリーならではの毛糸玉のクリスマス・オーナメント。

店内に入ると、クリスマスツリーがお出迎えしてくれます。ツリーのオーナメントを見てみると!
さすがメルスリースタイル。色とりどりの小さな毛糸玉がかわいく飾られています。ミニの毛糸玉は店でも販売されていますが、おうちのあまり毛糸も大活躍してくれそうですよ!

棚一面の毛糸たち!寒い冬には手編みが人気!

棚一面の毛糸たち!寒い冬には手編みが人気!

冬の手仕事と言えば、編み物!棚一面に並べられたあったかそうな毛糸は、手持ちの洋服やコートにどれもがしっくりそうな色合いばかり。ちょっと太めの毛糸のザクザク編みや、帽子や手袋などの小物類の毛糸が人気とのこと。ヨーロッパの長い冬を過ごすのにあったか小物はマストアイテム!

可愛すぎる棒針たちにノックアウトされちゃいました!

可愛すぎる棒針たちにノックアウトされちゃいました!

毛糸の棚の前、かわいすぎる棒針発見!!先端にペインテイングがされている棒針、初めて見ました。プロバンスの器のデザインのような色合いがとにかくかわいくて、胸キュン、キュンアイテム。太目の棒針お買い上げしました。なに作ろうかな~!!!

スーツケースミニサイズのお裁縫箱!

スーツケースミニサイズのお裁縫箱!

素敵お裁縫箱発見!!そのまま置いておいてもインテリアになるスーツケースのデザインのお裁縫箱は持ち手付きで、ベルトの部分のマグネットで開け締めします。中は仕切りパーツがついていて、その下は収納スペースの使いやすい仕様。リボンやカードなどお気に入りのお宝箱としても使えそうです。今回は洋裁好きの母へのお土産にしました。お値段がちょっとお高かったのと、かさばるので1個しか買わなかったのですが、見れば見るほどかわいくて、私の分も・・・・。とちょっと後悔気味。カルトナージュされる方でしたら作れると思いますが、この生地が・・・ですね。

壁面に広がる糸専用の什器に飾られた糸

壁面に広がる糸専用の什器に飾られた糸

鮮やかな色合いの糸を専用の什器に陳列。金糸や微妙な色合いの繊細な糸の取り揃えは圧巻です。手芸を愛するメルスリーのお店の品揃えの厚み!を感じるコーナー。

アントレ デ フルニスール(ENTREE DES FOURNISSEURS)お買い物袋

アントレ デ フルニスール(ENTREE DES FOURNISSEURS)お買い物袋

お買い物:お裁縫箱と編みもの棒針を入れていただきました。買い物バッグは持参していますがお店の紙袋をいただいてきました

コツ・ポイント

●店名
アントレ デ フルニスール(ENTREE DES FOURNISSEURS)

●所在地
8 rue des Francs Bourgeois 75003 Paris


SNSでシェア
詳しく見る