子どもが本を読みたくなるお部屋づくり

子どもが本を読みたくなるお部屋づくり
投稿日: 2014年10月23日 更新日: 2017年3月6日
閲覧数: 4,058
24 この人たちがステキしました
ステキをしている人
author
英国の医師バッチ博士が確立した「バッチフラワーエッセンス」を暮らし...
ちいさなこどもに、
「本を楽しんで読んで欲しい!」
と思ったら、どうしたらいいんでしょう?

子どもが本を好きになるには、
お部屋作りにポイントがあるんです!

本棚は、みんなが集まるリビングに!

本棚は、みんなが集まるリビングに!

子どもに本を読んで欲しいと思ったら、本棚は、ぜひみんなが集まるリビングに置いてみてることをおすすめします♪

ちいさいころは、なかなか自分では読まないもの。
ちょっと大人が読んであげる習慣があると、大きくなるにつれて自然と本と友達になれるんです。
読んであげやすいようにするには、まず環境から!
親子共に手に取りやすいところに、本の住所を作ってあげましょう♪

テレビよりも本を読みたくなるように

テレビよりも本を読みたくなるように

新しく購入した本や図書館で借りてきた本は、表紙の面をだして、飾ってみてはいかがでしょう!

子どもは、新しい!楽しそう!が大好き♪
子どもに良く見えるところに、絵本の表紙を出して飾っておくと、目に入った瞬間手に取りたくなるもの。
テレビの前に飾っておくと、黒い画面に本が映えて目立ちます!

読んで欲しい本や図書館で借りた本は別のカゴに

読んで欲しい本や図書館で借りた本は別のカゴに

新しく購入した本や、読んで欲しい本、図書館で借りてきた本は、分かりやすいように別のかごに入れておきましょう。

ココには、楽しいものが入っているとわかれば、子どもはそこから手にとってくれます。
夜寝る前に読む「お気に入りの本」を入れておいてもいいですよね♪

図書館に返却する本は、トートバックに入れておくと、返却忘れ防止に。
図書館のカード類は、カードホルダーに入れてバックにつけておくと、次に本を借りる時など便利です。

本の収納は、取り出しやすいように少しゆとりを作って

本の収納は、取り出しやすいように少しゆとりを作って

本が沢山あると、本棚もぎゅうぎゅうに入れてしまいがち。
でも子どもって、読みたい本がさっと取り出せないと、読むのをやめてしまうんです。
取り出しやすいように、少しゆとりを持って並べておきましょう。

「本」というステキな友達が、沢山増えますように♪



SNSでシェア
詳しく見る





プレゼント&モニター募集