ルームディフューザーをフレンチアンティーク風にリメイクしました。

ルームディフューザーをフレンチアンティーク風にリメイクしました。
投稿日: 2019年5月12日 更新日: 2019年5月12日
閲覧数: 779
7 この人たちがステキしました
ステキをしている人
author
■フリーランスのクリエイター兼ライターの二月兎と申します₍ ᐢ. ̫ .ᐢ ₎...
作ったペパナフラワーとショッパーに付いてきたリボンともうひと手間で、インテリアにそぐわなかったルームディフューザーの瓶をリメイクしました。

ペパナフラワーは3種類作りました。
リードディフューザーに合わせて、五輪作りました。

材料 (ルームディフューザーの瓶、1つ分)

  • ペパナフラワー :五輪
  • リードディフューザー :5本
  • 黒リボン :20cm程
  • アンティークなコースター(あれば) :ひとつ

リメイクしたいのは、こちら。

リメイクしたいのは、こちら。

ランドリンのボタニカル(ベルガモット&シダー)です。
ベルガモットが好きなので頼んで見たのですが、ナチュラル過ぎてお部屋に合わない……との事でリメイクです。

材料はこちらです。

材料はこちらです。

・ペパナフラワー三種類を五輪
・ショッパーに付いてきた黒リボン
・アンティーク風コースター

ペパナフラワーを作ろう。基本編
ペパナフラワーを作ろう。基本編
2019年5月12日
ペパナフラワーって知ってますか? ちょっと今更感があるのですが、やってみると色々な花が作れる上にサイズも自分次第で作れちゃいます。 沢山作ってリースにしたり、トピアリーにしたり、用途は色々ですね。 今回はそんなペパナフラワーの基本の作り方をわかりやすく解説します。
2019年5月12日

リードディフューザーを半分に切ります。

リードディフューザーを半分に切ります。

思い切って、ざっくりと。
軽いラタン素材なので大きめのハサミでしたら簡単に切れますよ。

リードディフューザーにペパナフラワーを括りつけます。

リードディフューザーにペパナフラワーを括りつけます。

ペパナフラワーの中央のワイヤーでリードディフューザーの先に括りつけます。
ペーパーナプキン自体はリードディフューザーに触れないようにしてください。

リードディフューザーを挿し、リボンを巻きます。

リードディフューザーを挿し、リボンを巻きます。

リボンはまっすぐ結んでも可愛いのですが、今回は斜めに結んでみました。
たまたま家にあったリボンを使用しましたが、リボンを購入するならば「グログランリボン」をオススメします。
サテンリボンより高級感が出ます。
細めだと大人っぽく、太めだと子供っぽくなりますのでそこはお好みで。

最後にコースターに乗せたら、完成です。

コツ・ポイント

・ペパナフラワーはリードディフューザーに触れないように、と書きましたがリードディフューザーに触れてしまうとディフューザーと共に溶液を吸ってしまい、変色の原因となるからです。
・リードディフューザーは短くした分、通常より早く交換が必要です。(その代わり、香りがよく広がります)香りがしなくなったら、ひっくり返してみたりして、それでも香らなかったらカットした残りのリードディフューザーと交換してくださいね。

リメイクしたおかげで、インテリアにしっくり馴染むアロマディフューザーができました。

SNSでシェア
詳しく見る