レンチン6分!材料これだけ?超ご飯がすすむ男飯「ささ身とねぎとカニカマのオイスターソース炒め」

レンチン6分!材料これだけ?超ご飯がすすむ男飯「ささ身とねぎとカニカマのオイスターソース炒め」
投稿日: 2018年6月6日 更新日: 2018年6月6日
閲覧数: 4,545
44 この人たちがステキしました
ステキをしている人
author
簡単レシピ・100均グッズでテーブルコーデ・お子さんと楽しめるハンドメ...
葱が旨い!6分でこんなに美味しくなるの?っと思う位ご飯が進むレンチンレシピ。 
火を使わないと掃除も楽々。今年はレンジ飯を増やそうと大きめの耐熱ボールをゲットしたので、早速、ボリューミーなメイン料理を時短で作ってみました。 
今回のポイントも野菜に油を絡める事!!
ホントに炒めてないの?って思う様な炒め料理がレンジで出来ちゃう裏技です。
さっぱりしたささ身ですが、オイスターソースとカニ風味かまぼこが入る事によって、すごく出汁が出て、こんなに簡単なのに、本格的に仕上がります。葱の旨味&甘みがより一層美味しい食べ方です。是非お試し下さい。

そして旨味はオイスターソースとカニ風味かまぼこ。丼にしてガッツリ食べるのがお勧めかもしれません。
美味しく仕上がるポイントが盛りだくさん。なるべく深めで大きめのボールなどの調理がお勧めです。
私が購入した耐熱ガラスボールはパイレックスさんの2.5リットルのサイズです。麺料理や今回の様に野菜がいっぱいで調理前に嵩があったり、煮込み料理で飛び散り易い時にも大きめのボールはお役立ち。
1000円位で購入出来ます。個人的に耐熱ガラスはパイレックスさんの物が一番お気に入りです。

材料 (4人分)

  • とりのささ身 :3本(約175g)
  • 青ネギ :1束(220g)
  • カニ風味かまぼこ :5本(45g)
  • ☆オイスターソース :大さじ1杯
  • ☆酒 :大さじ1杯
  • ☆おろしにんにく(チューブタイプ使用) :小さじ1/3杯
  • サラダ油 :大さじ1杯
  • ごま油 :大さじ1杯
  • 片栗粉 :大さじ1杯

今回の材料

今回の材料

・とりのささ身は3本使用しました。グラム数はあくまで目安なので、多少前後しても大丈夫です。
・青ねぎは1束使用しました。関西ではかなりメジャーな葱ですが関東にも置いているのかな?九条ねぎなどでも同じ様に仕上がります。葱の重さは根元を切り落として、カットした後に計量しています。(目安になれば)
・カニ風味かまぼこ。今回はカニらしさがちょっと欲しかったのでちょっと食感がカニに近いカニかまぼこを使用。ヤマサの「ワンダフルサラダ」というカニ風味かまぼこ5本×2パックに分かれたタイプを5本使用しました。(45g)

とりのささ身の筋を取る

とりのささ身の筋を取る

まずは、鶏のささ身の固い筋を取って下さい。

ささ身を細切りします

ささ身を細切りします

ささ身の長さを半分位にカットし、8mm~1cm位の太さの細切りにします。

ささ身に片栗粉をまぶします

ささ身に片栗粉をまぶします

細切りにしたささ身を小さなボールなどに入れて、片栗粉をまぶします。しっかり塗して余分な粉は後ではらいます。

葱をカットする

葱をカットする

葱は根元を切り落とし、だいたい5cm位の長さに揃えてカットして下さい。

深いボウルに材料を入れる

深いボウルに材料を入れる

今回使用したボウルは2.5リットルの大きめサイズ。これより小さくても大丈夫ですが、最初は葱の嵩が結構あるので、大きめの耐熱の器やボウルをご用意下さい。 
まずはカットした葱を入れて、上にカニ風味かまぼこを割いて入れて下さい。

油を絡める

油を絡める

サラダ油・ごま油を各大さじ1杯ずつを回し入れ、箸で底からしっかり混ぜて油を馴染ませて下さい。(ココがかなり大事なポイントなので、しっかり絡めて下さい)

上にささ身を並べる

上にささ身を並べる

片栗粉をつけたささ身は最初は上に並べて下さい。(一気に火入りさせるより、しっとり仕上がります)

レンジで加熱

レンジで加熱

ラップは若干ふんわり位でボウルにかけて下さい。600wで3分加熱して下さい。

3分加熱したところ

3分加熱したところ

3分の加熱では葱の嵩がかなり低くなりますが、ささ身には殆ど火が通ってませんが、大丈夫です。

調味料を絡める

調味料を絡める

☆印の調味料(オイスターソースとおろしにんにくと酒)を混ぜて、一度加熱した材料に回し入れます。ここでささ身と葱がタレに絡む様にしっかり底から混ぜて下さい。

再度加熱します

再度加熱します

今度はピッチリラップをし、再び600wで3分加熱します。

さっくり混ぜれば完成です

さっくり混ぜれば完成です

レンジから取り出し、底から軽くさっくり混ぜ合わせて下さい。

※レンジから取り出す際はかなり高温になっているので、鍋つかみなどを使って取り出して下さい。ラップを開ける時も高温の蒸気がでますので、火傷には充分ご注意ください。

盛り付け

盛り付け

完成したものをお好きな器に盛り付けて下さい。真ん中に高さを出す様に盛り付けると美味しそうに盛りつけられます。

濃いめの味付けがご飯と合うんです

濃いめの味付けがご飯と合うんです

もうこれは白ご飯と是非がっついて下さい。少し濃いめの味付けなので、ご飯がすすみます。丼にも合いますし、2回目のレンジでチンする時に中華麺を入れても美味しいです。

コツ・ポイント

いつもご覧頂きまして、ありがとうございます。夏場は火を使いたくないっというお声が多いので、レンジ調理が増えて参りました。
とうとう大きめの耐熱ボウルまで手にして、気合は十分です(笑) 
使って分かる良さ。大きいボウルは収納場所にこそ少し戸惑いますが、大きい中でしっかり蒸気がまわって食材を調理してくれるので、かなりお勧めです。
鍋に比べて洗い易く、割らない限り長く使えるのも利点ですね。キッチンの火仕事プラスガスレンジの掃除作業も減ってレンジ調理で調理も掃除も時短。お役立て頂けたら嬉しいです。



SNSでシェア
詳しく見る


関連するキーワード