お知らせ

お知らせがあるとここに表示されます

コメント

コメントがあるとここに表示されます

編集部からの連絡

編集部からの連絡があるとここに表示されます

濃縮氷麦茶の作り方2(500mlの水筒に氷1個で麦茶が完成)

濃縮氷麦茶の作り方2(500mlの水筒に氷1個で麦茶が完成)
投稿日: 2018年4月4日 更新日: 2019年8月21日
閲覧数: 5,909
9 この人たちがステキしました
ステキをしている人
author
50代になった兼業主婦です。更年期障害で3年もだらけた生活をしていまし...
一年中、ほぼ毎日水筒を用意する日々。子供達が学校に、夫が職場に。
食卓で飲む分を2L〜4Lは作るのに、水筒用にさらに2L!冷蔵庫はぎゅうぎゅうです(><)

そこで水筒用の麦茶の作り置きをやめて
1L用の氷麦茶を包丁でバキッと半分に割って水筒に使ってみました。
お!水筒の容量は500ml前後なのでこれでピッタリ!
…って!最初から半分の氷麦茶を作ればいいじゃない!

材料 (基本の割合)

  • 1L用、麦茶バッグ(水/煮、両用) :1袋
  • :40ml

水出し麦茶バッグ1袋につき水40mlで約30mlの濃縮液が作れます。
この30mlを15mlづつに分けて凍らせると麦茶500ml分の濃縮麦茶氷が2個作れます。

基本の割合を参考に必要な分だけ作って濃縮氷麦茶を作り置きします。

作り方はこちら

1L用の濃縮氷麦茶と同じです。画像付きで詳しく説明しているので参考にしてください。

濃縮氷麦茶の作り方(1Lの麦茶が氷1個で完成)
濃縮氷麦茶の作り方(1Lの麦茶が氷1個で完成)
2018年4月2日
一年中麦茶を飲む家族のために、毎日毎日切れ間なく水出し麦茶を作っていましたが、日によっては消費のスピードに追いつかないこともあります(汗) 急ぐ時は麦茶をお湯で蒸らして水を入れてと裏技も使いますが、この作業をもっと簡略化したい! そこで、市販のポーションタイプを真似て濃縮液を作ってみました。大量の濃縮液があれば適量を希釈するだけで完成しますからね。 でも毎回計量スプーンが必要で洗わないとならないし、濃厚なのでこぼすとシミになりやすく、無添加だから日持ちもしない。 そうだ!凍らせよう! 濃縮氷麦茶にしてからは日持ちもするし扱いやすくなりました。 必要な個数を水に入れるだけなので計量スプーンも不要、溶けたらすぐ飲めるので時短になりました。 製氷皿で大量生産して冷凍庫にストック、便利に使っています。
2018年4月2日

濃縮麦茶液を15mlの氷にするだけ

濃縮麦茶液を15mlの氷にするだけ

通常サイズの製氷皿がだいたい1マスが15mlです。
だいたい12マスか18マスが多いので、数に合わせたぴったり量の材料をあげておきます。

例:12個取の場合、麦茶6袋+水240mlになります。
例:18個取の場合、麦茶9袋+水360mlになります。

※画像のように奇数の21個取りだった場合は20個取りとして「麦茶10袋+水400ml」で作って、1マスにちょっと少なく均等に入れたらムダなく絞れます。

製氷皿が無くてもOK!シリコンカップで代用可能〜

製氷皿が無くてもOK!シリコンカップで代用可能〜

6号のお弁当用シリコンカップが丁度良い大きさです。
満水で約30ml入るので1/2を目安に入れると約15mlになります。
トレーの上に並べたら即席製氷皿の完成〜
凍った氷が取り出しやすいので、こちらの方が便利かもしれません。

毎日の水筒に手間なし簡単!

毎日の水筒に手間なし簡単!

朝、水筒に普通の氷数個と濃縮氷麦茶1個を入れて水で満たしたら完成!すぐに持たせてあげられます。
飲む頃には丁度良く溶けて麦茶になっています。
大きな麦茶ポットから移し換える必要がないので、小さな子供さんでも自分で準備できると思います。

普段持たせている水筒は500ml前後なので氷麦茶1個を使います。スポーツする時に持たせるもっと大きな水筒なら2個、または1L用の氷麦茶を使うなど水筒に合わせて使っています。

食卓に置く小ぶりのピッチャーにも重宝です。
急な来客で麦茶が用意できてなくても、ピッチャーに濃縮氷麦茶をポチャン。茶菓子の用意をしている間に氷麦茶が溶けて飲める状態になっています。

麦茶ラテも作れます。

冷たい麦茶ラテ*濃縮氷麦茶で簡単に作れます
冷たい麦茶ラテ*濃縮氷麦茶で簡単に作れます
2018年4月9日
いつも購入している麦茶の裏面に「ホット麦茶ラテ」の作り方が記載されていました。 あら?以前にはこんなの載ってなかったのに?流行ってるの? 作り方を見たら1L用の麦茶バッグと水と牛乳を一緒に温めて1杯分でした。 ネットを見たら少量の水で煮出した凝縮液と牛乳を合わせてました。 ん?これって濃縮氷麦茶が使えるんじゃ? ストックしてある濃縮氷麦茶がこんなことにも使えました。
2018年4月9日

コツ・ポイント

製氷皿は通常サイズのものがだいたい1マス15mくらいですが、最近はデザインも色々あって容量も色々。なので、多少大きくても1マスに15mの液が入るものならOKです。
きっちり15mlの氷にならなくても大丈夫、臨機応変に。

■追記■投稿を見直したら説明がくどい(笑)と思い、2019の夏に編集し直しました。


SNSでシェア
詳しく見る


関連するキーワード





プレゼント&モニター募集