たまごのプッチン穴あけ器

ダイソーの「たまごのプッチン穴あけ器」
価格 108円
おすすめ度 評価 星3評価 星3評価 星3
投稿日: 2018年1月25日 更新日: 2018年1月25日
閲覧数: 64,377
6 この人たちがステキしました
ステキをしている人
author
ライフオーガナイザー® メンタルオーガナイザー®の清水美惠子です。 千...

ダイソーの「たまごのプッチン穴あけ器」

皆さん、ゆで卵の殻むき苦労してませんか?

私は、つるん~と剥ける時と剥けない時があって、
いつも楽に剥くことができていませんでした。
卵によって剥く時間に差が出てしまっていたんです。

殻が楽に剥ける卵と剥けない卵の違いって何だろう?と調べてみると、
なんと新鮮な卵ほど殻をむくのが難しいのだそうです。
産んでから5日以上経つと、白身に含まれる二酸化炭素の量が少なくなり、
殻が剥がれやすくなるんだとか。
更に、茹でる前から二酸化炭素の抜けている古い卵は、
タンパク質がプリプリに固まって食感がよくなるんだそうです。

この卵の理論からすると5日以上経った卵を調理した方が剥きやすく
食感も良いということになりますが、
いちいち5日をカウントするのは面倒です。
また、ゆで卵を作る目的なら、
買う時に鶏卵日から少し経った卵を買えば良いということになりますが、
いつも買える保証はありません。

そこで、いつも楽にゆで卵の殻を剥きたいという思いから、
ダイソーの「たまごのプッチン穴あけ器」を使ってみることにしました。

ポイント1

数回試してみた結果
まず、穴をあけるのは尖がった方でなく丸いおしりの方です!

そして、穴をあけるのに少し力が要ります。
水平に真下にしっかり卵を押せば、”ズズズ”と押されて小さい穴があいてくれます。

ここで、力を入れすぎたり卵のバランスを崩すと卵が割れてしまいます。
私は3パック目にして初めて、1パック全て割らずに穴をあけることが出来ました。
最初の2パックは1個づつ割ってしまいました。

ポイント2

5人家族なので1度に1パック茹でています。

そして剥くのは、穴をあけたお尻の方を割って剥くと剥きやすいようです。

ポイント3

少し柔らかめの半熟卵も上手く剥けました。

茹で上がったら殻を全部剥いて、ジップロックに入れて冷蔵庫に保管しています。

こうしておけば、使う用途によっていつでも使うことが出来ます。

「たまごのプッチン穴あけ器」を使うことによって、
ゆで卵の剥く時間が卵の状態の如何に関わらず一定になるので、気に入っています。

※各商品は投稿された時点での情報になります。現在店舗にて取り扱っていない場合もございますので、ご了承ください。


SNSでシェア
詳しく見る


関連するキーワード