ニトリのスキレット【#ニトスキ】で外食風ディナー♪

ニトリのスキレット【#ニトスキ】で外食風ディナー♪
投稿日: 2018年1月23日 更新日: 2022年4月26日
閲覧数: 16,303
11 この人たちがステキしました
ステキをしている人
author
Amebaオフィシャルブロガー ◆ヴォーグ学園講師◆ハンドメイド&DIYク...
一時期ものすごいブームになったニトリのスキレット⇒ニトスキ
流行っていた頃は気にはなっていたものの手を付けずにいたのですが、ブームが下火になったころ
とりあえず買っておいてしまい込んでいましたが。。。
ようやく日の目をみました♪
パンケーキやスイーツに使われる方が多い中、我が家では外食風にテーブルコーデを楽しみました

材料

  • ニトリ スキレット

温かいままテーブルに♪

温かいままテーブルに♪

フライパンで焼いたステーキ肉。
ある程度焼き色がついたところで
あらかじめ温めておいたスキレットに載せてテーブルに♪

トッピングも温に♪

トッピングも温に♪

サイドに添えるマッシュポテトやホウレン草のソテー
そして酸味のあるものも、温めることで
甘味が増すので大きなイチゴもトッピング

余熱でも十分温まってジャムみたいな美味しい甘味に♪

スキレットの受け皿は・・・

スキレットの受け皿は・・・

グラタン用の木のトレイ(ナチュラルキッチン)

外食風を意識したテーブルコーデ

外食風を意識したテーブルコーデ

テーブルクロスの上にランチョンマットを敷いて
お料理を彩る食器は実は100均です

サラダの入った木の器、スクエア型の白いお皿、フォークやスプーンなどのカトラリー、スキレットの下に敷いてる木のトレイは「ナチュラルキッチン」
ブラウンのスープカップは「セリア」
スキレットは「ニトリ」

高い食器を使わなくても、こだわって集めることでお洒落にテーブルコーデも楽しめます


お勧め部位

お勧め部位

今回使用のステーキ用肉は「イチボ」
部位としては希少価値の高いものだそうですが
柔らかくて本当に美味しいです

ちょっとお祝いの時などに♪
是非お肉屋さんで見つけたら試してみてくださいね!
ちなみに今回は娘の就職祝いでした

コツ・ポイント

スキレットは鉄製なので、傷から入る錆が大敵。
保管時は油を塗っておくといいそうですがしっかり乾かすことも大事です。
スイーツのほか、温かい状態でいただきたい、ハンバーグやステーキ肉、すき焼きなどにもお勧めです
一緒に使うカトラリーも外食風にこだわってセレクトしながらお家で「外食風」是非楽しんでみてくださいね!


SNSでシェア