100円ショップの水切りカゴ。ぬめりと無縁になる方法☆

100円ショップの水切りカゴ。ぬめりと無縁になる方法☆
投稿日: 2018年1月12日 更新日: 2022年3月18日
閲覧数: 48,061
29 この人たちがステキしました
ステキをしている人
author
香川県在住 メンタルオーガナイザー 夫と小学生男児との、3人家族です...
我が家では、食器洗いはほとんど食洗機にお任せなのですが、やはりどうしても食洗機では洗えない物もありますので、100円ショップで購入した小さな水切りカゴも併用しています。

(このカゴも、なくしてみたいと試みたことはありますが、やはりこれがないと家族が洗い物を手伝ってくれないので…。それも困るので置いています(笑))

水切りカゴの悩みといえば、「ぬめり」。
網目状の部分を洗うのは至難の技ですが、ストレスなくカゴを清潔に保てる、一石二鳥の方法がありました。

材料

  • 洗い物カゴ :1つ
  • カゴ受け :1つ
  • キッチンハイター :適量

ぬめりや汚れが、気になってくるタイミングで!

ぬめりや汚れが、気になってくるタイミングで!

ちょっと水切りカゴが汚れてきたかな〜?と気になってくるタイミングで、マグカップなどを漂白するカゴとして使います。

冬場は特に、コーヒーや紅茶をよく飲むので、カップ類の茶渋も気になるところ。

でも、こちらも漂白するタイミングをついつい逃しがちなので、「水切りカゴが汚れてきたらカップ類を漂白する!」と、作業をセットにしてしまうのです。

キッチンハイターで一発!

キッチンハイターで一発!

水切りカゴに水を溜めたら、漂白したいカップ類をつけこんで、キッチンハイターを適量入れます。

そのまま30分も放置すれば、水切りカゴもカップ類もまとめてピカピカに!

軽く洗ってすすいだら、出来上がり。
楽ちんすぎます。

コツ・ポイント

水切りカゴのぬめりもカップ類の茶渋も、私にとっては、つい面倒で「後回しにしてしまいがちな家事」でした。

でも、この作業をセットにしてしまうことによって一石二鳥でスッキリするので、今までより気持ち的に、取り掛かりやすくなりました♪

ボウルやザルの汚れが気になって来た時も、同じように一つか二つくらいカップをつけて、一緒に漂白してしまいます。

とっても綺麗になるので、気持ちまでスッキリしますよ♪
どなたかの参考になれば、嬉しいです♡

SNSでシェア
詳しく見る


関連するキーワード