実は、シーツよりダニ・フケが溜まりやすい!?枕を洗濯機で洗う方法

実は、シーツよりダニ・フケが溜まりやすい!?枕を洗濯機で洗う方法
投稿日: 2017年3月23日 更新日: 2023年4月28日
閲覧数: 8,523
5 この人たちがステキしました
ステキをしている人
author
東京ガス「ウチコト」は、家事(ウチのコト)で役立つことを発信するメ...
シーツや枕カバーは定期的に洗濯していても枕自体は洗ったことがないという方も多いかもしれません。でも枕はダニの餌になる皮脂やフケが溜まりやすく、実は一番汚れやすいと言われています。ここでは洗濯機で洗う場合の方法と洗えない枕のお手入れについてご紹介します。

出典元:東京ガス「ウチコト」
http://tg-uchi.jp/topics/2367

「洗濯機で洗える?」洗える枕の見分け方

「洗濯機で洗える?」洗える枕の見分け方

枕についている洗濯表示タグをご確認ください。パイプ素材や、ポリエステル繊維・ビーズ素材の一部は洗濯機で洗うことができます。洗えない繊維やビーズもあるのでご注意ください。

洗濯機での枕の洗い方

洗濯機での枕の洗い方

ネットに入れて洗濯機に入れて洗濯します。普通のメニューだと水流が強すぎて中綿が大きくよれてしまうことがあります。「おしゃれ着洗い」「手洗いコース」「ドライコース」など弱流のメニューを選択します。

また洗剤は液体の中性洗剤を使ってください。アルカリ性の粉洗剤に比べて洗浄力は弱めですが素材を傷めにくくすすぎ時間が短くて済むという特徴があります。アルカリ性の粉洗剤を使ってもいいのですが、中身の素材によっては洗浄に時間をかけるとよれやすくなってしまうので、できれば中性洗剤の利用をおすすめします。

洗濯機で洗った後の枕の干し方

洗濯機で洗った後の枕の干し方

干す前には詰め物のよれがないか確認します。よれがあったら手で優しく叩いて補正しましょう。枕ハンガーを使うか平らで風通しの良い場所に干してください。かびてしまわないように天気のいい日を選んで干して、様子を見ながらひっくり返したり場所を変えたりしてください。天日干しができず陰干しの枕もあるのでご注意ください。

洗えない枕のお手入れ方法

洗えない枕のお手入れ方法

低反発素材や羽根、洗えないビーズやポリエステルなど、洗えない枕であれば風通しの良い場所に干します。低反発素材や羽根の場合は陰干し、洗えないビーズやポリエステルの場合は天日干しがおすすめです。

おわりに

枕は1か月に一度、枕カバーは2、3日に一度洗うと良いそうです。清潔な枕なら気持ちよく眠れて睡眠の質も上がるかもしれませんね。

ウチコトの他の記事を読む
http://tg-uchi.jp


SNSでシェア


関連するキーワード