セリアのナンバープレートでチリトリを作る★流木と革のハギレを利用

セリアのナンバープレートでチリトリを作る★流木と革のハギレを利用
投稿日: 2017年3月9日 更新日: 2017年3月26日
閲覧数: 1,691
24 この人たちがステキしました
ステキをしている人
author
あげぱんとものづくりが大好きです。 いつも何かをつくっています(☆v☆)
100均セリアのナンバープレートを使ってチリトリにリメイクしました。
流木と廃材と革のハギレで持ち手を作り、たったの100円でオリジナルチリトリの完成!
流木と革のハギレ、どちらも自然界が生み出したカタチを活かしました。
ささっと使えて実用的&インテリアにも。
流木が絶妙な握り心地で持ちやすく最高です(^w^)

材料 (1個分)

  • セリアのナンバープレート :1枚
  • 革のハギレ :適量
  • 流木、廃材 :適量

セリアのプレートです。ミリタリーベースと書かれたアーミーな感じのプレートです。

プレートを加工する

プレートを加工する

作業机のエッジを使い、金槌で優しく叩いてチリトリの形になるよう曲げます。

両サイドをこのように曲げます。

アクリルガッシュで下地を両面たっぷりと塗ります。
乾いたら好みの色で汚しペイントをします。文字の部分には目立つように白色でポンポンと。錆びた感じにもしたかったので赤茶色も混ぜたりしてみました。

持ち手をつくる

持ち手をつくる

①流木と廃材で持ち手部分を作ります。この流木、握ると絶妙なフィット感(^w^) 自然界の力って凄い!
②ワックスで色をつけ、木工用ボンドで貼り付けます。
③廃材側から釘を打って固定します。
④革のハギレを釘で打って固定します。革の自然なカーブのある端っこを使いました。

プレートの両サイドの穴にネジを打って持ち手と固定する。

ドリルで穴を空けて麻紐を通して結ぶ。

できあがり

できあがり

流木と革のハギレ、どちらも自然のカタチを活かして作ることができました。ふたつと同じものはないオンリーワンのチリトリです。

コツ・ポイント

折り曲げたプレートの高さや角度と木の板の幅が合うように調整してください。
革の色が映えるように黒っぽい色にしてみました。
色を変えるだけで全く違う雰囲気のチリトリになります。お好きなカラーでリメイクができます。

SNSでシェア
詳しく見る

2017年3月22日 10:32
ステキ♪ありがとーございます! プレートをチリトリに?! ディスブレイに最適ですね~(*_*) 是非、参考にしまっす。 フォローさせて下さい。
2017年03月22日 10:43:11
嬉しいコメントいただきありがとうございます(^-^)/ Dand Y+ kさんがアレンジされたら凄そうです(≧∇≦)いつも楽しみにしています。 こちらこそよろしくお願いします(^-^)/
コメントをもっと見る