ダイソーのいちごパウダーでデコパン作り♡

ダイソーのいちごパウダーでデコパン作り♡
投稿日: 2017年1月25日 更新日: 2017年8月30日
閲覧数: 5,553
7 この人たちがステキしました
ステキをしている人
author
3歳と5歳の男の子を育児中です♪子供は男の子だけど、ロリータ・フェミニ...
デコはまだまだ修行中ですが(/ω\)
買い物レポでアップしたデコパンのレシピです♡

材料 (ダイソー300円のシリコン角形1つ分)

  • 強力粉 :200g
  • 砂糖 :25g
  • :小さじ2/3(3g)
  • :75cc
  • 牛乳 :75g
  • バター :20g
  • ドライイースト :小さじ1
  • いちごパウダー :5g
  • チョコペン黒と白(普通のチョコでもOK) :各1本

ホームベーカリーに材料を入れていきます

ホームベーカリーに材料を入れていきます

ホームベーカリーに液体→塩→強力粉→砂糖→ドライイーストの順で入れ、捏ねます。生地がまとまってきたらバターを投入して更に捏ねます・⌒ ヾ(*´ー`) ポイ

捏ね終わったら半分に分けます

捏ね終わったら半分に分けます

捏ね終わったら、ホームベーカリーから取り出し、スケッパーで生地を半分に分けます。
片方をホームベーカリーに戻して、いちごパウダーを投入します。この時生地といちごパウダーを少し手で混ぜて馴染ませます。
このままホームベーカリーを動かすとパウダーが中で飛び散りますのでご注意を(^^;)

キレイに混ざればOKです(∗•ω•∗)

キレイに混ざればOKです(∗•ω•∗)

キレイにピンク色に混ざったら、ホームベーカリーから取り出して、2個の生地を一次発酵させます。
急がなければ自然でも大丈夫です〜!私は40℃のオーブンで30分発酵させました(๑•∀•๑)

発酵が終わったらガス抜き→成形します

発酵後から成形の写真を撮り忘れてしまいましたm(_ _)m

台に打ち子をして、生地のガスを抜き、スケッパーでどちらの生地も9等分します。大体1つ20g強くらいです。(厳密には計っていません(笑))

分けたらぬれ布巾や固く絞ったクッキングペーパーを乾燥防止に被せてください。

各8個ずつ丸めていきます。生地が柔らかめなので、手にも適宜打ち子をしてくださいね。表面がきれいにまとまったら、底をつまんで台に並べていきます。
丸めたら布巾の下に入れてください。

各色1つずつ残った分は、くま耳になります!
この生地を各16等分に切り分けます。すぐ乾燥してくるので布巾を被せて、1つずつ丸めていきます。
小さいので手のひらの上で反対の手の人差し指だけでクルクルすると丸まってきます。手のひら側の方がキレイに丸くなるので、人差し指にくっついた方をつまんで下にして並べます。

型に並べていきます

型に並べていきます

写真のように交互に並べます。

顔になる生地に切込みを入れて耳を押し込んでいきます。

顔になる生地に切込みを入れて耳を押し込んでいきます。

この位置がなかなか難しくて、二次発酵で落ちちゃったり思わぬ方向に膨らんだりします(^^;)
私も目下練習中です(笑)
深めに切って、少し生地を濡らして押し込む方が良いかもしれないです!

全部付けたら二次発酵します

ここも自然でもオーブンでも問題ないです。
私は一次発酵と同じ40℃30分発酵させました。
生地が乾燥しないように、布巾を被せるか、時々霧吹きでシュッシュッと水をかけてください(*^_^*)

二次発酵完了後の写真忘れました(┯_┯)

オーブンを170℃で余熱します

オーブンを170℃で余熱します

オーブンを170℃で余熱します。
自然発酵なら発酵が終わる前に、オーブン発酵なら発酵終了後で大丈夫です(*^▽^*)
余熱が終わったら、オーブンの温度を150℃に下げて15〜16分焼きます。オーブンによってくせがあったりするので、調整してください!

我が家のオーブンは電気の上下ヒーターなので、今回は中段で焼いてみたのですが…少々焼き色が付きすぎました(^^;)
前回作った時は下段で焼いたののですが、下段の方がキレイでした!参考になれば(๑´ㅂ`๑)♡*.+゜

焼きあがったら冷まします

焼きあがったら冷まします

焼きあがったら、ケーキクーラーなどに乗せてクッキングペーパーも外して冷まします。
冷めたらチョコペンで顔や耳を書いていきます(๑•∀•๑)
チョコペンのままでも大丈夫ですが、あればアイシングコルネを使った方が細かく書けますよ〜♡

書けたら出来上がりでーす♡

コツ・ポイント

耳の位置は練習あるのみです!(^^;)
いちごパウダーをホワイトチョコペンに混ぜて、ピンクのチョコにしたらもっと可愛く出来ると思います(*'∀'人)

SNSでシェア
詳しく見る