嘘じゃなかった!塩水に浸けるだけで、とっても美味しい焼き芋ができる♪

嘘じゃなかった!塩水に浸けるだけで、とっても美味しい焼き芋ができる♪
投稿日: 2016年1月19日 更新日: 2020年11月4日
閲覧数: 181,305
23 この人たちがステキしました
ステキをしている人
author
力を抜いてゆるゆるでいこう🎵
最近、焼き芋にはまっています。
子どもはコンビニのお芋さんが一番というけど、
私は、近くのスーパーのお芋が一番!外れなし!と思っています。がぁ~・・
先日、初めて外れました。(涙)
そこで、
丁度いただいたお芋さんを、自分で焼いてみようかと。
噂できく「塩水に浸けるとお店のようなお芋さんが焼ける」を試してみました。

生芋は、土やひげ根を綺麗に掃除します。
それから、塩水に一晩浸けます。
塩水の濃度は、なめて、『ちょっとしょっぱい』程度です。
「しょっぱっ!」というようなのは、濃いです。
でも、お好みなので何度か試してもらったらいいかと思います。

小ぶりのお芋です。
160度で70分ほど焼いてみました。
さくっと割れて、食べるとほくっとする感じ。
美味しいのですが、これではまだまだ。
目標は、トロッとした食感です。
20分ほど追加して焼いてみました。

90分焼いた後、放置していました。(手が離せなくて)
手で楽に持てるくらいに冷めていました。
オーブンレンジのドアを開けてびっくり!密が!
天板が、密でベチャベチャです。
70分でチェックした時に、爪楊枝で加減をみたせいでしょうか。
持ってみると、ぷっくぷく。
これは良い予感♪割ってみましょう♪

大成功!
お芋を割ろうとすると、潰れてしまうくらい柔らかい♪
蜜が、溢れてくる♪
食べると、トロトロ♪
当たりです!(笑)
これまで何度も焼き芋を焼いたけど、こんなに美味しく焼けたことはありませんでした。感動です!大感動!!
また作ろうと思います。

コツ・ポイント

塩加減は適量ですが、舐めて、ちょっとだけしょっぱい程度にしました。
はっきりした味がよければ、もう少し濃くてもよかったかもしれません。

私はそのままで焼きましたが、濡れた新聞紙orキッチンペーパーに包んでからアルミ箔で巻いて、蒸し焼きにすると90分も焼かなくてもいいかもしれません。

焼く温度は、じっくり焼くために低温160度にしました。
もちろん、170度でも180度でも焼けます。


SNSでシェア
詳しく見る

2016年1月19日 18:38
ほんとにお店のようなホカホカさ・・・! 見ているだけでお腹がすいてきますね~♡(^u^)
2016年01月19日 18:52:47
そうなんです!ほんとに、お店のような出来栄えなんです♪噂は本当でした!! オーブンのドアを開けた瞬間、ニヤッとしました。(笑) 一度で食べきれなかったので、さきほど、チンして再食♪おいちかったー♪
コメントをもっと見る


関連するキーワード