【鶏ささみの焼きハム】たくさん作って楽ちん生活

【鶏ささみの焼きハム】たくさん作って楽ちん生活
投稿日: 2024年3月10日 更新日: 2024年4月25日
閲覧数: 11,085
9 この人たちがステキしました
ステキをしている人
author
夫と二人暮らしの60代主婦です。 2021年2月から暮らしニスタへ投稿を始...
鶏ささみと言えば高たんぱく、低カロリーの優良食材です。
スーパーで目玉商品になったら、たくさん買って作り置きしておきます。
ささみに下味をつけて半日から3日ほど冷蔵庫で保存した後、フライパンで焼きます。
簡単にできる手作りチキンハムです。
冷凍もできますから便利です。
添加物なしというのもうれしいですね。
そのまま食べるのはもちろん、チャーハン、サラダ、サンドイッチ、
スープなどの材料として活用できます。

材料 (8人分)

  • 鶏ささみ :8本
  • :小さじ1
  • 砂糖 :小さじ2
  • アルミホイル :適量

鶏ささみ

鶏ささみ

鶏ささみはすじを取る。
硬い白い部分が取れたらOK。

*完璧にすじをとらなくても、下味をつけて焼くとあまり気になりません。

下味をつける

下味をつける

すじを取ったささみに塩と砂糖を混ぜ込む。
半日~3日、密閉容器に入れて冷蔵庫の中に置く。

*長めにおいたほうが肉が柔らかくなります。
今回は半日おきました。

アルミホイルで包む

アルミホイルで包む

ささみを2本ずつ互い違いにしてアルミホイルで包む。

包んだもの

包んだもの

両端をねじっておく。

焼く

焼く

フライパンにささみを巻いたアルミホイルの棒を4本並べる。
中火弱で2分間隔で4回、ささみを回しながら1周させて蒸し焼きする。
追加で20分、弱火で蒸し焼きにする。
1本を取り出し、アルミ箔から出して切ってみて肉色が白くなっていたら大丈夫。
生焼けの部分があったらアルミ箔にもどし、フライパンでさらに5分加熱する。



切って盛り付ける

切って盛り付ける

*塩味と甘味がついているので何もつけないで食べられます。
マスタードやお好みでマヨネーズ、わさびをつけてお召し上がりください。
小さく割れたハムはサラダなどに利用します。

チャーハン

チャーハン

*チャーハンに入れるとボリュームアップ。

チキンサラダ

チキンサラダ

*チキンハム、じゃがいも、玉ねぎ、人参、パセリでサラダを作りました。

コツ・ポイント

ささみの中心まで火を通すことが大事なのでゆっくり弱火で焼いてください。


SNSでシェア
詳しく見る