ほうれん草のソテーローマ風

ほうれん草のソテーローマ風
投稿日: 2024年2月23日 更新日: 2024年2月23日
閲覧数: 1,114
5 この人たちがステキしました
ステキをしている人
author
20年間のイタリア生活で料理を学びディプロマを取得。 日本に帰国して...
イタリアンなほうれん草のソテー ローマ風の「スピナッチ・アッラ・ロマーナ」です。

つぶしたにんにくを入れ、オリーブオイルに香りをつけほうれん草を炒め、レーズンと松の実を加えるのが特徴です。

レーズンと松の実というとシチリア的なイメージがあるのですが、なぜか「ローマ風」なんです。

イタリアではこの料理の部類は「コントルノ」と言って、肉や野菜の付け合わせとしていただきます。
付け合わせにもいいのですが、ワインのおつまみにもなってしまいます。

レーズンのほのかな甘味と松の実の食感が、ほうれん草の美味しさを引き立てます。
いつものほうれん草の炒め物を、ちょこっとイタリアン風に変えてみてもいいかも〜。
パンにのせてもおいしいですよ。

ぜひお試しください。

材料 (2人分)

  • ほうれん草 :1束(180g)
  • オリーブオイル :大さじ1
  • にんにく :1/2片
  • 松の実 :15g
  • レーズン :15g
  • 塩・コショウ :少々

ほうれん草はよく洗って、切らずにラップをして600Wの電子レンジで2分加熱、にんにくは潰して、レーズンはぬるま湯につけておく。

フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れ、弱火で炒め香りが出てきたらにんにくを取り出す。

ほうれん草を加えしっかり炒め、塩・コショウで味を調え、松の実と水気を切ったレーズンを加え、よく絡める。

器に盛り付け出来上がり。

コツ・ポイント

★ほうれん草は切らずにそのまま使って、茎と葉っぱそれぞれの食感を楽しみます。

★松の実は乾煎りするか、トースターで軽く焼くと、食感がよくなります。

★松の実はアーモンドや、クルミなど他のナッツでもOKです。


SNSでシェア