小さくなったニットの余り布を繋いでパッチワーク柄のネックウォーマーができました!

小さくなったニットの余り布を繋いでパッチワーク柄のネックウォーマーができました!
投稿日: 2023年12月1日 更新日: 2023年12月1日
閲覧数: 565
4 この人たちがステキしました
ステキをしている人
author
ヴォーグ学園講師◆ハンドメイド&DIYクリエイター。ほぼ毎日更新ブロ...
今年もネックウォーマーを作ろうと布を広げたところで、意外とニットの端切れが多いことに気づきました。そこで、今回はこの余り布を活かした作品作りができないかなと、大きめサイズのニットの余り布を活かしたネックウォーマーを紹介します。

作り方の紹介ではありませんが、ニットの端切れの使い道に困ってる方や、ちょっと足らない時に役立つ方法になればいいなと思いますのでよかったら最後までお読みいただき参考にしていただけると嬉しいです。

ニットの余り布をランダムに繋ぐ

ニットの余り布をランダムに繋ぐ

ネックウォーマーの内側にして重ねるファーをサイズにカットしておきます。

そして、そのファーのサイズに合わせて、余り布のニットをランダムに並べていきます。

リネンなど伸びない生地を合わせることもできますが、その部分は当然収縮しないので頭からかぶる時にきつくなってしまいますのでお勧めしません。

仕上がりはなかなかイメージできないもの

仕上がりはなかなかイメージできないもの

捻じりタイプのネックウォーマーなので、ファーを重ねた時の仕上がりが予想できないデザインになってきます。

だからこそ出来上がりがちょっと楽しみで、作る時間も楽しめます。今回は気に入ってるグリーンの生地をベースに布合わせしています。

どの面からも楽しめる布つなぎ

どの面からも楽しめる布つなぎ

ニットをランダムに並べることで、出来上がりはどの面が前になっても後ろになっても楽しめるので、パッチワーク柄のように楽しめます。

足らないからと諦めている方は、是非ため込んだニットを活かしてみてはいかがでしょうか?

こうして足らない部分を繋ぐことで、季節ものの生地を無駄にすることなく形に変えることができますよ!

今回の記事も是非参考になれば嬉しいです。

コツ・ポイント

ニットやファーを使った冬物作りはこの季節限定です。小さな端切れから大きな端切れまで、是非皆様の手の中で役立つアイテムに変身させてあげてくださいね!作り方の詳しい詳細はYouTube動画やブログ内でも紹介していますので、余ったニットの使い道が見つからない時には是非お役立て下さいね!

SNSでシェア