エリンギで簡単オバケちゃん

エリンギで簡単オバケちゃん
投稿日: 2022年10月28日 更新日: 2022年11月30日
閲覧数: 310
8 この人たちがステキしました
ステキをしている人
author
ひらめきのワクワク感と作り出す喜び♡ 同じ時に共感してくれる人がいる...
簡単に作れてお弁当や普段のおかずに
ちょこんと乗せるだけで
なんとなくハロウィンになるし(*≧∀≦*)
暖かいお料理に使えるので
うどんやお鍋やおでんに入れても
きっと楽しいはず!
ハロウィンだけではなく年中つかえる
エリンギオバケ!色んな料理に登場させてみませんか??


材料 (約4体分)

  • エリンギ :太めのを1つ
  • めんつゆ :少し
  • 料理酒 :少し
  • 砂糖 :少し
  • 細いストロー :1センチくらいをカット
  • セリアのおかず型 :ない人は太めのストローで代用

材料を用意する

材料を用意する

エリンギは太めのものが良いです
ハサミ、細めのストロー、セリアのおかず型に入ってたこんな形の型(なければストローで代用を)

頭をおとす

頭をおとす

頭の部分を包丁でカット

横にスライスする

横にスライスする

3〜5mmの厚みにカットする

3〜5mmの厚みにカットする

綺麗に切れた部分だけ使用しています
端っこのあまりは、炒め物などに使用してくださいね

形を作る

形を作る

こんな感じにエリンギの形を活かして
ハサミで切る
オバケの形の型抜きを持ってる方は
型抜きならさらに簡単

カットした後

カットした後

オバケの形に

顔を抜く準備

顔を抜く準備

ストローは短く切って使います

顔を作る

顔を作る

目をストローで抜いて
ストローを手で潰して
細長目にすることもできます

口を抜く

口を抜く

セリアのおかず抜き型に入ってた型
1回で小さいなと思ったら横に繋げて抜いたら
大きな口になります

色んな顔を作ろう

色んな顔を作ろう

抜いたカスも
捨てないでね

お鍋やおでんに入れる場合は
このままでOK!
抜いたカスはお鍋に入れたら行方不明になるので
つくねに混ぜるといいかも?

フライパンにめんつゆなどを入れる

フライパンにめんつゆなどを入れる

小さいフライパン(写真は卵焼き用)
にめんつゆ、砂糖、お酒を少し入れて
火をつける

エリンギオバケに火をとおす

エリンギオバケに火をとおす

両面に火を通して味つける(抜いたカスも一緒にね)
レンジでも出来ると思いますが
私はオバケちゃんがフツフツしてるとこが楽しいからフライパンで作ります(^^)
火を通すと少し縮みます
通しすぎると焦げるので
両面サッとで大丈夫!薄いからすぐに火は通ります

海苔の上に乗せる

海苔の上に乗せる

周りをカットする

周りをカットする

周りをハサミでカットしたら完成です
このままでもいいし
残ったカスを手みたいに乗せても可愛い
お弁当や、温かい汁物、いつものおかずにちょこんと乗せるだけで
楽しくなります〜

お弁当編

お弁当編

茄子の蒲焼き弁当に乗せて

アンパンマンと共演

アンパンマンと共演

オバケちゃんとホラーマン風なのも
エリンギで出来てます

壺の中から

壺の中から

壺の中から
呼ばれて飛び出て
ジャジャジャジャーン
なオバケちゃん

インスタントうどんにも

インスタントうどんにも

ハロウィンの日に
インスタント麺しか
なかったとしても
オバケちゃんが居れば
ハッピーハロウィンに!

コツ・ポイント

最後までご覧いただきありがとうございました
ポイントは火を通すと縮むことを想定して
少し大きくて太めのエリンギを選ぶこと!あとは
楽しく作ること!
温かいものにも使えるエリンギオバケ!
簡単ですので
是非作ってみてくださいね〜


SNSでシェア
詳しく見る