ランチ時間5分?栄養バランスおにぎり弁当

ランチ時間5分?栄養バランスおにぎり弁当
投稿日: 2022年2月8日 更新日: 2022年2月8日
閲覧数: 3,432
9 この人たちがステキしました
ステキをしている人
author
”おうち生活”を整える、その備忘録として「暮らし二スタ」を始めて1年...
こんにちは。GreenTeaと申します。

「今日、ランチ時間がちょっとしかないの。」
聞けば、10分、いえいえ5分位しかないという日も。

短時間でも、栄養はなるべく摂らせたい。

おにぎりに栄養素をギュッと詰め込んで。
ワンハンドで食べられる弁当です。

材料 (バランスおにぎり(分量は本文参照))

  • :米の1.2倍
  • 大豆ミート
  • 人参
  • 生で塩漬け出来る葉物(今回は、白菜と大根の葉)
  • 葉物塩漬け用の塩
  • 好みのおかず

諸々、下準備。

以下の下準備をしておきます。

〇米を研ぎ、分量の水に30分以上つけておく。
〇人参は、好みの形に切る。
〇葉物野菜を切って塩漬けにしておく。
〇食べやすいおかずを用意する。

1.米を炊く

1.米を炊く

米と、大豆ミート、人参も一緒にして炊飯する。

<<材料目安>>
〇水:コメの1.2倍(固めのご飯が好みの場合は少し減らす)
〇大豆ミート:米0.5合につき、小さじ1~2杯程度。
〇人参:米0.5合につき、軽量カップで50cc位の量。


※大豆ミート、人参の量はお好みです。

米が炊き上がり、十分蒸らしたら、塩漬けにしていた葉物野菜を投入。
さっくり混ぜ合わせる。
葉物野菜をつけていた塩味も加味したうえで、塩(お好み)を追加し、好みの塩分にする。

※葉物野菜の塩漬けは、漬物程度の塩分を目安にしてください。
(米と合わさると美味しい塩分)
*葉物野菜の塩漬けの量は、お好みで。

2.おにぎりにぎにぎ

好きな形のおにぎりにしてください。

お好みで、ゴマを合わせても美味しいです。

おかず有バージョン

おかず有バージョン

とにかくサッと食べられるもの、ということで、
今回は、卵焼き、ウィンナと、大ぶりにカットしたピーマンを炒めた物です。

小さい物、ぽろぽろとこぼれやすいおかずは、(極力)入れないようにします。

おにぎりのみバージョン

おにぎりのみバージョン

ランチ時、忙しく、「今日は食べる時間がほとんどない」という時もあります。
食事時間はせいぜい5分程度でしょうか。
そんな時は、思い切ってTHE.おにぎり!おにぎりのみの弁当です。
おにぎりは2個前後持たせます。
包みは、おにぎり用に作った、ミニミニあずま袋。
見た目ジミなおにぎりも、いい感じに収まります。

!!!」五大栄養素+α!!!

!!!」五大栄養素+α!!!

このおにぎりで、五大栄養素(炭水化物、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラル)と、現代人には重要な食物繊維を補うことが出来ます。

もちろん、十分な量とは言えませんが、5分10分の食事でも、出来るだけバランスよく栄養を摂りたい(摂らせたい)ですよね。(*^^*)

いってらっしゃ~い。

コツ・ポイント

どなたかのお役に立てたら幸いです。

*投稿よもやま話*
https://deliciousscone.hatenablog.jp/


SNSでシェア
詳しく見る


関連するキーワード