猫ちゃんシリーズ!ヘアゴム一本で、安心☆

猫ちゃんシリーズ!ヘアゴム一本で、安心☆
投稿日: 2021年3月7日 更新日: 2021年3月7日
閲覧数: 11,041
5 この人たちがステキしました
ステキをしている人
author
☆ご覧頂きありがとうございます☆ 日々の生活の中で不便を感じた時、...
我が家の猫ちゃん、お水が大好きです。

器のお水ではなく、流れているお水限定。

キッチンでお水を流す音がすると、どこからともなく疾風のように現れて飲もうと一生懸命。

それだけなら微笑ましいエピソードなのですが、なんとキッチンの流し台の水栓の仕組みに気づいてしまったようなのです・・・!

我が家のキッチンはシングル湯水混合水栓の下げ止めレバーなのですが、猫ちゃんがお水が欲しいあまりレバーに頭をこすりつけ、偶然?にもお水が出てしまうということが4~5回ありました。

なんて賢いうちの猫ちゃん♡とは今回ばかりは思えず(-_-;)困りました。

在宅中で気づけばすぐに蛇口を止めれますが、もし不在中にその偶然が起きて、さらに水道全開!になったまま数十分、数時間と過ぎてしまったらエコではありませんし、何より次回の請求書が怖すぎます。

もやもやした日々を過ごしていたのですが、やっと良いアイデアが浮かびました☆

レバーにヘアゴムを通します

レバーにヘアゴムを通します

猫ちゃんが怪力でヘアゴム一本では不安なときは、2本3本と増やしていけばOKです。

注意事項があります

注意事項があります

レバーと下の蛇口をヘアゴムで通すのですが、2つの向きが同じ方向に揃っていることが大事です。

レバーと蛇口が最大に離れた状態で、レバーを全開にすると

レバーと蛇口が最大に離れた状態で、レバーを全開にすると

ヘアゴムが戻ることなく蛇口全開状態が維持されてしまうので、使用されたあとは必ずレバーと蛇口を揃えることが必須です。

お水大好きにゃんこを釣りたいダンナさん、猫ちゃんをモフりたいときはこのようにして猫ちゃんを釣っています。

コツ・ポイント

こうしておけば、万が一不在時に猫ちゃんがレバーを挙げてお水を出したとしても、ゴムの力で自然とレバーが下りてお水が止まります。

出しっぱなしで使用したいときは、ヘアゴムをレバーから外します。

またはレバーと蛇口の向きを離して使えばよいのですがそれでは使いにくい場合もあります。

水栓を使用される際はヘアゴムをレバーから外し下の蛇口にのみかけておき、使用したあとはまたきちんとヘアゴムをかけておくこと、ヘアゴムが劣化して戻る力が弱まっていないか確認が必須です。


うっかりヘアゴムを外したままにしていたら、また偶然?が目の前で起こって水が出ました!

やっぱり猫ちゃん、気づいてる?!



SNSでシェア
詳しく見る


関連するキーワード