合皮シートが破れて古くなった椅子を0円古着で簡単リメイク!

合皮シートが破れて古くなった椅子を0円古着で簡単リメイク!
投稿日: 2021年1月22日 更新日: 2021年1月28日
閲覧数: 13,381
36 この人たちがステキしました
ステキをしている人
author
100均/廃材/古着を活用したリメイク、DIYが趣味です。お部屋の簡単なリ...
長女の部屋のデスクチェア。何年も使っているので、座るところや背もたれの部分の皮が剥がれボロボロになっていました。破れたところを補修すればまだまだ座れるので、お金をかけずに自分好みの椅子になるようリメイクしてみました。

材料

  • サイズアウトしたデニム
  • サイズアウトしたシャツ
  • 布用ボンド、ハサミ、両面テープ
  • 100均合皮はぎれ(あれば)

リメイク前の椅子です。

リメイク前の椅子です。

画像でもわかるように、座るところがボロボロ。

背もたれや肘を置く部分も擦れて破れていました。


補修&リメイクに使う材料です。

補修&リメイクに使う材料です。

着れなくなった古着です。デニムとチェックのシャツを使おうと思います。

準備1)古着を解体します。

準備1)古着を解体します。

古着をざっくりで良いので四角にカットしたはぎれにします。ポケットやチャック部分などはそのまま残してみたりして、自分が使いたいようにカットしました。

準備2)手持ちの合皮はぎれを使おうと思います。

準備2)手持ちの合皮はぎれを使おうと思います。

以前ダイソーで購入していた合皮のはぎれ。椅子の合皮と似てるので、これは椅子の破れた部分の補修に使おうと思います。
合皮のはぎれはこのように↓

こちらも、ざっくり四角に切って両面テープを付けておきます。

まずは椅子を補修していきます↓

まずは椅子を補修していきます↓

先程両面テープをつけた合皮はぎれを、破れた部分に貼り付けていきます。

どんどん貼っていき↓

座面の破れた部分を補修する事が出来ました。

背もたれや肘置きも同じように補修します↓

背もたれや、肘置きの部分も補修したら、ひとまず補修(土台)は完了です。

次に↓

カットした古着を自分好みに貼り付けていきます。

カットした古着を自分好みに貼り付けていきます。

四角に切ってはぎれにした古着に布用ボンドをつけ、椅子に貼っていきます。

座面完了

背もたれの部分もどんどん貼っていきました。

後ろも自分好みに仕上げました。

サイドには、シャツのボタン部分を使ってみたりしました。

肘置きには、シャツの手首の部分なんかも使ってみました。
このように、椅子全体に古着を貼ったら完成です。

完成!

完成!

どうでしょう。古かった椅子がおしゃれに変身♡
0円古着で自分好みの椅子にリメイクする事が出来ました。完全に自己満足なのですが、めちゃめちゃお気に入りの椅子になりました。長女も喜んでくれたので、それが一番よかったです。

ビフォーアフターです。

ビフォーアフターです。

長女の部屋に戻して完了です。

コツ・ポイント

お金をかけずとも出来た自己満足な椅子のリメイクでした。

※今回は手持ちの合皮はぎれがあったので、まず補修してから古着を貼り付けていきましたが、合皮はぎれがなくても、直接古着等を貼り付けてリメイクしていっても良いかと思います。自分好みの仕上がりになれば、それが一番◎です^_^


SNSでシェア
詳しく見る


関連するキーワード