味付けは塩・胡椒だけ!カリカリが美味しい♪じゃがいも鶏手羽焼き

味付けは塩・胡椒だけ!カリカリが美味しい♪じゃがいも鶏手羽焼き
投稿日: 2020年12月3日 更新日: 2023年3月1日
閲覧数: 12,385
12 この人たちがステキしました
ステキをしている人
author
キッズ食育マスタートレーナー。 自分の子どもはだんだんと大きくなっ...
シンプルなのに、鶏肉の旨みを吸ってカリッと炒めたじゃがいも、香ばしい鶏手羽がやみつきになります。子どもも大人も喜ぶ1品です。

材料 (4人分)

  • 鶏手羽元 :10本
  • じゃがいも :3個(300g位)
  • :小さじ1/2
  • 胡椒 :少々
  • おろしにんにく :小さじ1/2
  • 薄力粉 :小さじ1程度
  • オリーブオイル :大さじ2
  • (あれば)パセリ :少々

1 じゃがいもを加熱します。

1 じゃがいもを加熱します。

じゃがいもは皮ごと洗い、水気がついた状態で耐熱皿に入れ、ラップをして電子レンジ600W4分、裏返して再びラップをしてさらに2分ほど加熱して火を通す。ラップを外し少し冷まして、皮をむき、食べやすい大きさに切る。

2 鶏肉の処理をします。

2 鶏肉の処理をします。

鶏手羽元は骨の間に切り目を入れ、塩、胡椒、おろしにんにくをすり込む。(写真はわかりやすいよう大げさに開いていますが、骨のところまで切込みを入れればOKです)

3 鶏肉に薄力粉を付けます。

3 鶏肉に薄力粉を付けます。

2に薄力粉を全体に振る。

4 鶏肉を焼きます。

4 鶏肉を焼きます。

フライパンを熱し、オリーブオイルを入れて、中火で3を皮目から焼く。こんがりと焼き色が付いたら裏返し、表面が全体的に焼き色が付くまで焼いていく。

5 じゃがいもを加えてさらに焼きます。

5 じゃがいもを加えてさらに焼きます。

じゃがいもを入れ、塩(分量外)を振り、じゃがいもがカリカリとして鶏手羽元も中まで焼けたら器に盛り、胡椒、(あれば)パセリを振る。

コツ・ポイント

・鶏手羽は骨の間に切り目を入れると味が入りやすく、火も通りやすくなるのでぜひ。
・鶏手羽もじゃがいもも、常に動かしながら炒めるのではなく、時々触る程度でOKです。時々返しながらじっくり焼いてくださいね。
「カリッ」とするまでじっくり焼くのがポイントです。塩胡椒だけでも十分なんだな!と思ってもらえると思います。

写真のじゃがいもは「インカのめざめ」を使用しています。「キタアカリ」も甘く果肉は黄色いじゃがいもなので、色が映えるので手に入ればおすすめです。もちろん、男爵やメークインもおいしくできます!



SNSでシェア
詳しく見る