オリーブ大賞 受賞レシピ★簡単でおいしすぎる「牛さし風マリネ」

オリーブ大賞 受賞レシピ★簡単でおいしすぎる「牛さし風マリネ」
投稿日: 2020年10月27日 更新日: 2020年10月27日
閲覧数: 4,963
10 この人たちがステキしました
ステキをしている人
author
ライター/料理人。息子、夫、ロングヘアード・ワイマラナーと4人で、極...
DHCの最高級エクストラバージンオリーブオイル「ヌニェス・デ・プラド」を
た〜っぷり使った「牛刺し風マリネ」です。

ポイントはオリーブオイルのおいしさと、牛肉の焼き加減です!

こちらのレシピ、
第25回 オリーブクッキングコンテストで、大賞に選んでいただきました!
コロナ渦で過去最高の応募数だったそうで、
そんな中で選んでいただけてとてもとてもうれしかったです♥︎

最高峰のオリーブオイルのおいしさをそのまんまたっぷり味わえるシンプルなレシピですが、
それだけに牛肉のおいしさも際立っています。

かといって、決してしつこくないので、子どもにも女性にも大人気♥︎


高級な和牛ではなく手頃なオージービーフを使っていますが、
「あの安いお肉がこんなにおいしくなるの!?」と感激してしまいます。
それってやっぱりオリーブオイルのおかげですかね^^


材料

  • 牛赤身肉(ブロック)オージービーフで十分! :300g
  • 良質なEXVオリーブオイル
  • 塩・黒胡椒
  • ソース(醤油/バルサミコ酢/はちみつ)
  • ケーパー、ベビーリーフ :飾り用

レアな牛肉をヌニェス・デ・プラドがなめらかに包み込む♥︎

レアな牛肉をヌニェス・デ・プラドがなめらかに包み込む♥︎

何はさておき、良質なオリーブオイル。
私もいろいろ試していますが、ヌニェス・デ・プラドはかなりおいしいです◎

ちなみにわが家の場合、
焼いたり炒めたりといった普通の加熱料理にはグレープシードオイルか
手頃なオリーブオイルを使い(スペイン産かイタリア産)、
サラダやマリネ、スープの仕上げなど「生のまま使う」場合には
ヌニェス・デ・プラドのように「ちょっといいオリーブオイル」を活用しています。

今回のコンテストも「野菜系で挑戦しようかな」と思いましたが、
見目麗しいサラダ系って、女子ウケはいいものの、
わが家の男子たち(夫と息子)にはいまひとつ。

「やっぱお肉でしょ!」ということで、レアに焼いたしっとりお肉を
た〜〜〜っぷり味わえるこちらを考案してみたのです♥︎

ポイント1つ目はお肉の焼き加減。焼きすぎに注意!

ポイント1つ目はお肉の焼き加減。焼きすぎに注意!

フライパンにオイル(このときは普通のオリーブオイルでもよいですよ)を大さじ1入れて加熱し、
あたたまったら牛肉を入れて表面をささっと焼きます。

牛肉は本来生のまま食べても問題ないのです(イタリアでタリアータを頼むと本当に生!)。
が、表面に雑菌が付着している可能性があるので、
それを殺菌するために表面(表・裏・側面、みたいな感じで全面)だけ焼き付ければOK。

表面の色が変わったら、まな板などに引き上げてくださいね。

斜めに薄くスライスしたらお皿にきれいに並べ、塩と黒胡椒を両面に振っておきます。
※塩は岩塩がおすすめ。量は、両面あわせて小さじ1程度でしょうか。

ソースの材料を混ぜ合わせ、ベビーリーフにオイルと塩を

しょうゆ大さじ2
バルサミコ酢 大さじ1
はちみつ 小さじ1〜2

をボウルなどで混ぜ合わせておきます(味見をして好みの味にしてくださいね)。

ベビーオイルを飾りたい場合は、洗って水気を切ってから
良質なオリーブオイルと塩(適量)で和えておきます。

たっぷりのオリーブオイルとソースをかけます!

たっぷりのオリーブオイルとソースをかけます!

牛肉の上からオリーブオイルをたっぷりまわしかけたら、先ほど混ぜておいたソースもかけます。

お好みで、和えておいたベビーリーフとケーパーを散らしてできあがり!

やー、もう本当〜においしいんです、これ♥︎

ぜひぜひ作ってみてくださいませ。

コツ・ポイント

牛肉はお手頃なものでいいし、調理の手順もすっごく簡単。
つやつや華やかでおいしそうなので、パーティの前菜にもおすすめです。
(もちろんメイン料理としても通用するくらい、満足感あります★)

最後の行程まで進んだら、ラップをして冷蔵庫でしばらく置いておいても大丈夫。
その間にお肉がオイルを吸い込んで、よりしっとりおいしくなります。



SNSでシェア
詳しく見る