羊毛フェルトの楽しさを再確認!柴犬っぽい動物の作り方♪

羊毛フェルトの楽しさを再確認!柴犬っぽい動物の作り方♪
投稿日: 2020年7月6日 更新日: 2020年11月10日
閲覧数: 1,530
12 この人たちがステキしました
ステキをしている人
author
趣味の手芸や雑貨など簡単に作れるものを紹介させて貰っています♪ 2人...
100円ショップでも材料を揃えることが出来てしまうお手軽なハンドメイドの羊毛フェルト♪型紙もいらなくて、簡単に作れるところも魅力ですが、いざチャレンジしてみたものの、上手くいかなかったという経験の方もいらっしゃるのでは?
今回、私も初心に返ってじっくり作ってみましたので参考になれば幸いです♪

材料

  • 羊毛フェルト(ハマナカ) :ナチュラルブレンド8
  • :シロップジャー302
  • :ソリッド 黒

一番左は上の材料にない「ニードルわたわた」です。
中の芯部分に使うと刺し固めるのが楽と言われていますが、今回改めて、私はわたわたは使わない方が刺しやすいと感じました!
個人的な感想なので、わたわたが好きな方は芯に使って下さい♪
ということで、今回はそのお隣のシロップジャーを芯として使いました♪
柴犬の毛の色はお好みで♪

《作り方》
①シロップジャーをきつめにくるくる巻きながら丸める。
②刺して形を整える。
③ナチュラルブレンドを②に巻く。
④刺して形を整える。

⑤耳を三角にたたむように形作る。
⑥刺して形を作り顔に付ける。
⑦耳にシロップジャーを刺す。
⑧口周りもシロップジャーを刺す。
※顔パーツの前にここで一度しっかり刺して形を整える。

⑨目は黒のフェルトを少し丸めてから刺す。
吊り目が好きなので、ちょっと長丸です。
⑩鼻は丸、口は細長くネジって紐状にしてから刺す。マロ部分はシロップジャーで丸!

水玉バッグの柴犬は、最後の調整前です。
吊り目過ぎたので、丸めた黒の羊毛を足したり、耳が大き過ぎたので、刺して小さくしたり、ほっぺが大きすぎて、家族にロペ?と言われたのでスリムにしてみたり。。
調整後は柴犬とは言い切れない、いや、柴犬じゃないとも言い切れない。
柴犬っぽいの完成です!

コツ・ポイント

柴犬に見えなくても、作者がかわいいと思えば、何でもOK!
足したり、刺して小さくしたり、最後の調整次第で、可能性が広がる羊毛フェルト!
是非、久しぶりの方も初めての方も作って癒されてみて下さい♪


SNSでシェア
詳しく見る