お知らせ

お知らせがあるとここに表示されます

コメント

コメントがあるとここに表示されます

編集部からの連絡

編集部からの連絡があるとここに表示されます

♡季節を楽しむ暮らし♡ 初夏を彩る鮮やか甘酸っぱいヤマモモのジャム☆

♡季節を楽しむ暮らし♡ 初夏を彩る鮮やか甘酸っぱいヤマモモのジャム☆
投稿日: 2020年7月1日 更新日: 2020年11月22日
閲覧数: 1,668
12 この人たちがステキしました
ステキをしている人
author
お菓子作りとパン作りが好きです☆ 植物や動物を育てたり見たりするのも...
梅雨の晴れ間、

散歩道で摘んだヤマモモで、とびっきりのジャムを作ったよ*n_n*

材料は、ヤマモモとお砂糖の2つだけ☆




旬の短いヤマモモでつくるジャムは、

まさに、この季節だけのお楽しみ♡




色鮮やかで、甘酸っぱくて、さわやかなヤマモモジャム☆
初夏の食卓を彩ります*n_n*


材料 (80cc入りの瓶の8分目ほど)

  • ヤマモモ 種付き :150g
  • 上白糖 :60g

ヤマモモは、赤~黒っぽく熟したもので、
傷のないものを選びます*n_n*






1.ボウルにヤマモモを入れ、たっぷりの水で何度かきれいに洗う

1.ボウルにヤマモモを入れ、たっぷりの水で何度かきれいに洗う

2.裏ごしして、種を取る

2.裏ごしして、種を取る

裏ごし器としゃもじで、種をとりました*n_n*


種に果肉が残りやすいですが、きれいに取るのは難しいので、ほどほどに☆
種は、お皿に集めておきます。
最後にまとめてギューッと握ると、果汁がけっこう出て来ます!



ザルなど、やりやすいもので裏ごししてくださいネ!



3.果肉と果汁の重さを計り、砂糖を加える。

3.果肉と果汁の重さを計り、砂糖を加える。

果肉と果汁の重さを計り、鍋に移す。
ヤマモモの重さの半分の重さの上白糖を加える。


***** ここでは、果肉と果汁が120gだったので、
      上白糖を60g入れています *****



鍋を火にかける。
弱火より中火くらいの方が、早く煮詰められるのでいいと思います*n_n*
が、様子を見ながら調節してください。


底が焦げないようにゴムべらなどで、よく混ぜてください。



アクを取りながら、好みの固さまで煮詰める。


冷めると固くなります。
が、煮詰め方が足りないと、サラリとしたシロップのようになり、
パンに塗りやすいジャムのような粘度がでません。
煮詰め過ぎても、パンに塗りにくいです。
おいしいのに変わりはありませんが。。。*n_n*


レモンちゃんは、ゴムべらで底をなぞって、
鍋底が見えるくらいまで煮詰めることを目安にしています*n_n*



できあがり☆

できあがり☆

耐熱性の瓶や器に熱いうちにいれて、常温で完全にさましてから、
冷蔵庫で保存する。

お早目にお召し上がりくださいネ*n_n*




甘酸っぱくて、鮮やかな赤色で、とってもおいしいよ*n_n*

この季節だけのお楽しみ♡


食卓だけでなく、初夏の風景も彩ります*n_n*







コツ・ポイント

* 欲張って、1度にたくさん作らないこと!
  種取りが、大変!
  1粒1粒大切に☆ 作業は、丁寧に*n_n*


* ペクチンやレモン汁を加えなくても、しっかりとした粘度が出ます*n_n*
  レモン汁は、お好みで☆
  加える場合は、最後に加えます。


* 風味が落ちないうちに、素早く食べちゃう♡



  


SNSでシェア
詳しく見る

2020年7月2日 8:15
おはようございます。 山桃・・・・懐かし~い。 私の育った・・・伊勢志摩には・・・自生している山桃の木が沢山あって今のシーズン なら木を巡り巡って・・・・食べ歩きましたよ!! 木の上の方が、完熟の濃い色・・・ 甘いのがあるので、おさるの様によじ登って食べていました。中でも“みずもも”という 幻のsizeのがあって・・・・大きいビー玉size!! 恐ろしく甘いので・・・野山を駆け巡っていました(笑) で・・・完熟山桃は、揺すると落ちてくるので・・・シャツが 山桃collarになって親に良く叱られました(笑) ジャムは、美味しそうだけど・・・種取が大変そうですよね!! 市販の瓶詰で・・・シロップ漬けのもあります(種ついたまま)、高級料亭で焼き魚に添えたりします。 初夏の風物詩・・・山桃ジャム、興味深い投稿でした!!
2020年07月10日 16:29:04
もちパパさん☆ コメントありがとうございます*n_n* お返事が遅くなり申し訳ありません。 体調不良で、2週間ほどパソコンからも離れて、何にもしていませんでした。 体質的なもので、たまにあるので、ご心配なく*n_n* もうちょっと楽しみたいな~って思っていたヤマモモ。 体調不良の間に、すっかり終わっていました( トホホ。。。 )。 大きなサイズは、「みずもも」というのですね。 たくさんあるヤマモモの中で、1本だけそれくらいの大きなサイズの ヤマモモがあります。 甘いのですネ! シロップ漬けを焼き魚に添えたりするのですね。 知りませんでした。 高級料亭には、ご縁がありませんので(苦笑)。 タネをつけたままだと、加工も簡単で、 鮮度も落ちにくそうなのでいいですね*n_n* ジャムも種付きで作ったらどうでしょうかね。 やっぱり食べにくいかな? ステキな体験談付きコメントをありがとうございました*n_n* ご近所にも、そのような子供の頃のお話しをしてくださった方が いらっしゃいます☆
コメントをもっと見る


関連するキーワード