休校にも負けない!ネット活用で子供と新しい時間の使い方

休校にも負けない!ネット活用で子供と新しい時間の使い方
投稿日: 2020年3月2日 更新日: 2020年3月2日
閲覧数: 9,212
12 この人たちがステキしました
ステキをしている人
author
毎日ラクする事ばっかり(だけ?)考えて生きています。 誰かの「ラク」...
毎日ラクする事ばっかり(だけ?)考えて生きています。

突然の休校で、これから毎日どうしよう!!と戸惑っているお母様方、私もです。。。

でも、恨んでもしょうがない!
ここは1つ前向きに、逆手に取ってこのたっぷりある時間を活用しましょう!!

休校中は、時間割どおりに過ごす!

休校中は、時間割どおりに過ごす!

毎日、登校している時の時間割どおりに動く事にしました。

ネットを探せば、フリーの可愛い時間割表もダウンロード出来ます。

お子さんと相談してオリジナルの時間割表を作ってみましょう。

最初は「えー。。。」っていう子供達ですが、

「体育も家庭科も図工もOK!休み時間もあり!」

と言ったら、嬉々として採用!となりました。

4時間目は毎日家庭科で、給食の代わりのランチを作ります!

「配られた献立表に出来るだけ近い物を作る!」と子供達は張り切っています。

もちろん清掃の時間もあり!

宿題、復習は時間割に入れ込む

そして、学校から出ている宿題や、今学年の復習は時間割に入れ込んでしまいましょう。

休み時間もあるので、メリハリを持って取り組めるハズです。

家庭学習って何をしたらいいの?

家庭学習って何をしたらいいの?

家庭学習というぼんやりとした課題が出ると困りますよね。。。

そんな時も、ネットにあるフリーの学習プリントが役立ちます。

100マス計算、単位の練習問題、国語や算数だけでなく、多様な教科の練習問題がピンポイントでダウンロード、印刷できますよ。

夏休みの自由研究を先取り

せっかくの時間ですから、夏休みの自由研究の先取りも可能です。
夏休み期間だけでは出来ない自由研究や、季節の観察をしてみると、夏休み明けに素晴らしい物が仕上がりそうですね!

自由研究も、ネットを探すと色々なテーマを見つけられます。

読み聞かせや、読書感想文も

じっくり時間が取れる時は、読み聞かせで国語力アップを。

読書感想文も、書き方の本などでじっくり取り組む良い機会かもしれませんね。

教え方がわからない時は。。。

教え方がわからない時は。。。

しかし、急に母に質問されても答えられない事もいっぱい。。。

そんな時は、動画サイトを活用。

我が家は、学校でも使われている「NHK for School」の動画を活用しています。

様々な学年の様々な教科の番組で解説が見られます。
小学校などの授業内容に沿っているので、子供達も混乱が少ないようです。

コツ・ポイント

人混みに行けない、友達とも会えない、3学期が終わっちゃう。。。
子供達も大人もストレスMAXですが、逆手にとって、新しい時間の過ごし方にしてみましょう。

スケジュールは、大人が勝手に決めずに子供と話し合ってやりたい事を探しながら計画すると良いですね。

私も改めて子供達の時間割を考えてみたら、こんな少ない時間で、毎日色々と頑張っていたんだと、感心すると共に、学校の先生方への感謝の気持ちでいっぱいになりました。

SNSでシェア
詳しく見る


関連するキーワード



「子育て」の人気アイデア