お風呂の入り口に設置するだけ!家事が劇的にラクになる つっぱり棒

お風呂の入り口に設置するだけ!家事が劇的にラクになる つっぱり棒
投稿日: 2020年2月6日 更新日: 2023年4月20日
閲覧数: 274,965
100 この人たちがステキしました
ステキをしている人
author
毎日ラクする事ばっかり(だけ?)考えて生きています。 誰かの「ラク」...
こんにちは
毎日ラクする事ばっかり(だけ?)考えて生きています。

我が家のマンションの狭い洗面所は
洗面所、兼 脱衣所、兼 洗濯機置き場、兼 物干し場、兼 洗濯物取り込み場
となっております。

狭さを逆手に取った戦略です。

このシステムを支えているのは、
浴室の入り口に設置された1本のつっぱり棒様です。

そもそも。。。

そもそも、洗面脱衣場につっぱり棒を設置したのは、使用後のバスタオルの置き場所を作る事から始まりました。

バスタオルハンガーとして

バスタオルハンガーとして

バスタオル丁度一枚分になります。

これで1日1枚のバスタオルで全てやりくりしてくれるので、洗濯物の節約になります、とっても助かります。

ちなみに、他の家族はバスタオルは使わずフェイスタオルで体を拭いていますので、お風呂の後の濡れたタオルはダイニングの椅子の背にかけております。

一歩も動かない!洗濯物干し

一歩も動かない!洗濯物干し

洗濯物を干す時は、このつっぱり棒を一時置き場にして、洗濯機の前から一歩も動かずに干して行きます。

ハンガーにかかった状態なら、手アイロンで衣類を整えるのも簡単です。

全てをハンガーやピンチにセットできたら、満を持してベランダへ。

外気に当たる時間を極力少なくできますね。

苦にならない!洗濯物取り込み

洗濯物を取り込む時も、ハンガーやピンチのまま、ここまで持ってきます。

タオル類、こどものパジャマと下着は、洗面所内に収納なので、この場でどんどん収納。

裏返ってても直しません。
(そういうルールです。😆)

この時点で、洗濯物は半分くらい片付いています。

この後、収納場所ごとに外し、まとめて運びます。

リビングなどで全部外して、畳みながら分類して、それぞれの場所に持っていっていた時と比べると、驚く程早く済むようになりました。

取り込みが苦にならなくなったのです!

その他

その他にも、脱衣所のマットを干してみたり、洗面所でちょこっとした洗い物をする時にも引っ掛ける場所があると助かります。

シャツのシミをチェックする時など、引っ掛けてじっくり見たいですよね。

我が家の強い味方、つっぱり棒さん でした〜。

コツ・ポイント

家族みんなの洗濯物も支えてもらいたいので、
強度のあるつっぱり棒をお選び下さい。



SNSでシェア
詳しく見る