たくさん服を持ってるのに「着る服がない」理由と対策

たくさん服を持ってるのに「着る服がない」理由と対策
投稿日: 2020年1月27日 更新日: 2021年9月8日
閲覧数: 47,785
31 この人たちがステキしました
ステキをしている人
author
整理収納アドバイザー/クローゼットコンサルタント 3歳から自分で服を...
先日のこちらの記事の続きです。


その中で、服をたくさん持ってるのに着る服がない理由の一つは
「トップスを過剰に持っていること」と書きました。


靴から選ぶだけ♡「着る服がない」クローゼットのお悩み解消方法
靴から選ぶだけ♡「着る服がない」クローゼットのお悩み解消方法
2020年1月8日
ファッションが大好きで、トレンドにも興味がある。 毎シーズン服を買うのに「何故か着られる服があまりない。」 ということ、ありませんか? アパレル時代に、たくさんのお客様とお話しする中で気付いた理由があります。 今日はそれをお話ししますね。
2020年1月8日



今日は、その理由と対策をお話ししますね。

それはなぜかというと、「自分にピッタリなボトムスを見つけにくいから」なんです。


世の中にはいろんな身長・サイズ・体型の人がいます。
同じ身長でも個性は様々です。


だからメーカーさんも、ブランドコンセプトやターゲットの年齢に合わせて
型紙を変えています。

よく「同じ9号なのに店によってサイズが全然違う」ってなりませんか?
それは各ブランドが、ターゲットに合わせて型紙のパターンを変えているからなんです。


でも、私が店頭に立っていた時、
「試着は面倒だから9号ください」という方は本当に多かったです。


上に書いた理由から、家に帰って着てみたら「思ってたのと違う」
になりがちなこと、お分かりいただけますか?

でも、試着をちゃんとしているという方でも
「自分が思う通りのパンツやスカートがすぐには見つけられない」と感じませんか?


たとえば


●ヒップに合わせるとウエストがゆるい
●ウエストに合わせると丈が短い


みたいな。
とりあえず、納得できるボトムスに出会うのは「なかなか大変だ」
ということを知っているといいと思います。


一方でトップス!
コチラはフリーサイズ感覚で着やすいんです。


とくにオーバーサイズデザインが主流の今、
トップスはほぼフリーサイズとして販売しているお店が多いと思います。


肩を抜いたり腕をまくったり、前だけインしたり。
そんな「着こなし方」で調整できるので
身長や体型が違っても同じ服を着ることができます。

だからそもそも、店頭に並んでいる服の割合自体、
ボトムスが少なくてトップスが多くなります。
メーカーさんがそういう作り方をしやすいんです。


ということは?
新作が並ぶ回数は断然、トップスが多いですよね。
すると新しく目に留まるし、なんとなく着れそうだから買って帰ってしまう。


「だって着る服がないから!」


このパターンに陥ってしまってる方が多いんじゃないかなと、
店頭に立っていた経験から感じています。

ところが、買ってきたトップスと手持ちのボトムスは
必ずしもバランスが合うとは限りません。
しかも手持ちの中でも、もともと自分に合ってるボトムスが少ないから、さらに難しくなる。


結果、しっくりこない服が増えていくというスパイラル。。。

これを解消するには、とにかく試着を繰り返して
本当に自分が似合うパンツやスカートを見つけることが大切です。


もし、ひとつでもお気に入りのボトムスを持っていたら
そのお店にそのボトムスと、着たいのに着れていないトップスを
持って行ってみて下さい。


「ここのボトムスが気に入っている」ことを伝え、
スタッフさんが合うと思うトップスを、一緒に試着させてもらってください。

また、持って行ったトップスに合うボトムスも、ぜひ一緒に試着してください。


ただ、トップスは過剰に持ってることが多いので、無理に購入しないでくださいね。
目的は「自分に合うバランスを知ること」です。


その時、そのボトムスに合わせたい靴も履いていくと間違いないです。
大切なのはそうやって「自分に合う物を理解すること」


そして、靴とボトムスへ意識を持つことです。
買い物する時も、コーディネートを組む時も、靴とボトムスから考える。


その手間を惜しまなければ、着られないトップスを過剰に持つことも避けられ
クローゼットを一軍の服だけにできる第一歩になると思います。


先日の記事と合わせて、お役に立てると嬉しいです。
お読みいただきありがとうございます。

SNSでシェア
詳しく見る


関連するキーワード