パリのメルスリーから生地屋さんまで ❸ウルトラモッドさん

パリのメルスリーから生地屋さんまで ❸ウルトラモッドさん
投稿日: 2020年1月7日 更新日: 2020年1月7日
閲覧数: 729
6 この人たちがステキしました
ステキをしている人
author
チャチャっとほんのひと手間!を楽しみながら毎日の暮しを大切に過ごし...
パリのメルスリー第3弾 
100年以上の歴史のある老舗メルスリー ウルトラモッドさん!
オペラ地区、 Quatre Septembre(3番線)駅から徒歩3分ぐらいの場所にあり
手芸小物のメルスリーと帽子の材料のお店が通りを隔てて立地。
お店のドアを開けた瞬間から、歴史を感じるお店の空気感と天井まで続くボタンやリボンなど、その世界観に圧倒されてしまいます。

天井高の細長く伸びる通路に吸い込まれるような店内。

天井高の細長く伸びる通路に吸い込まれるような店内。

歴史を感じさせる店内の重厚感。リボンやテープ、タッセル、組みひも、ボタンが所狭しと並んでいます。

エレガントなパスマントリー。

エレガントなパスマントリー。

材料と共に完成品も販売していますが、完成品をサンプルとして材料選びもお店の方にアドバイスしてもらえます。

刺繍糸の束をデコレーションにあしらったライト!

刺繍糸の束をデコレーションにあしらったライト!

お店の入り口のウインドーに面したライトのデコレーションもメルスリーイメージ満載!通りの向こうは帽子材料専門のウルトラモッドさんです。

ストックボックスも歴史を感じさせる古めかしさ!

ストックボックスも歴史を感じさせる古めかしさ!

取っ手のついた年季の入ったボックスはリボンやボタン、テープなどのストック用。古き良き時代の歴史と面影を感じます。

カラフルなリボンからヴィンテージものまで。

カラフルなリボンからヴィンテージものまで。

素材、色、太さのちがうリボンが棚いっぱいに広がり、高価な職人の手仕事によるヴィンテージものなど、ただただため息がこぼれます。

帽子材料とインテリア材料を扱うウルトラモッド!(通りの向かい側)

帽子材料とインテリア材料を扱うウルトラモッド!(通りの向かい側)

こちらのお店はメルスリーのお店のスタッフに声をかけて、鍵を開けてもらいます
店内では帽子づくりの教室も開催されていて、帽子材料を小売りで買える店として品そろえも豊富で地元の方にもファンが大きく大人気!日本からのお客様も結構いるとのこと。

圧巻のインテリア材料のテープや紐!

圧巻のインテリア材料のテープや紐!

インテリアのパーツや材料が棚一面にあふれています。
帽子の素材や生地、テープ、リボン、芯地、カーテンタッセルなど、など、など。
これだけの材料!!じっく~り見てみたい~!!の気持ちを抑えながら帽子づくりの材料をちょこっと購入して、次のお店に出発!
ウルトラモッドさんは日本人のスタッフも常駐しているので、日本語対応OK。

コツ・ポイント

時がとまったようなメルスリー老舗のウルトラモッドさん。ものづくりの楽しさを味わうパーツとして、お気に入りのリボンや糸、ボタン選びの時間を楽しめる店として何度も足を運んでみたくなります!
”見るだけでも楽しい”ですよ!!!


SNSでシェア
詳しく見る