バターが香る、とろ〜りチーズとベーコン&ハムの絶品トースティ!

バターが香る、とろ〜りチーズとベーコン&ハムの絶品トースティ!
投稿日: 2019年11月11日 更新日: 2022年7月29日
閲覧数: 24,841
26 この人たちがステキしました
ステキをしている人
author
ライター/料理人。息子、夫、ロングヘアード・ワイマラナーと4人で、極...
わが家にはトースターがありません。なぜって、必要ないからっ!
(ホントはBALUMUDAのトースターとかほしいけど。置き場所に困るっていう問題がw)

息子の朝食用に食パンを焼くのもマフィンを焼くのも「釜定」の鉄鍋。
パンがカリッといい感じに焼けたら、同じ鍋でそのまま目玉焼きもソーセージも焼いちゃいます。

そして今回ご紹介するトースティも、フライパンひとつで作れます。

「超熟」10枚スライスにベーコンとももハムをたっぷりはさみ、シュレッドチーズもたーっぷり。
さらに紫キャベツのスプラウトもはさんで、あとはバターを溶かしたフライパンで両面をこんがり焼くだけ。

大人も子どもも大好きな味。
チーズがとろ〜りとろける最強ブランチです!

材料 (食パン2枚分)

  • 超熟10枚スライス :2枚
  • ベーコンとロースハム :はさみたいだけ!
  • シュレッドチーズ :はさみたいだけ!
  • 有塩バター :10g以上
  • 紫キャベツのスプラウト :適宜
  • 添え物のポテチ :適宜

10枚切り食パンを2枚用意し、具材をサンドする

具材はベーコンだけ、ハムだけ、でもよいですが、ベーコン+ハムなど2種類の合わせ技にするとよりおいしいです。
たとえばバゲットサンドでも、生ハムだけ、よりは、生ハム+サラミ+コッパなど数種のお肉を合わせるのが本場流!

シュレッドチーズの量もお好みですが、たっぷりのほうがガゼンおいしい! 
はみ出しても、焼きながらまた食パンの間に押し込んじゃいますw

紫キャベツのスプラウトはお好みで。
パンにはさまずに、盛り付けのときに横に添えても◎

フライパンにバターを溶かし、両面をカリカリに焼く

フライパンにバターを溶かし、両面をカリカリに焼く

まずはバターの半量をフライパンに入れて加熱。バターが溶けたら具をはさんだパンを投入。
片面にこんがりと焼き色がつくまで焼きます。

裏返す前に残りのバターを加えて、もう片面もこんがりと。

この行程を何度か繰り返し、軽く焦げ目がつくくらいまでしっかりとトーストします。

バターは途中で自由に追加してください。バターの香りがこれまたたまらずおいしいんです。

サンドイッチのお供はおいしいポテチ!

サンドイッチのお供はおいしいポテチ!

大人にはキャロットラペなんかを添えると喜ばれますが、じつは海外でサンドイッチのお供といえばポテチ!なんですよね。
「じゃがいもは野菜だから」的なw

子どもたちにとって、「ベーコンとチーズのカリカリサンド」と「ポテトチップ」の組みあわせだなんて、たまりませんな(もちろん大人にも)。

クッキングシートで包むのもあり!

クッキングシートで包むのもあり!

できあがったトースティはクッキングシートで包むと、見た目力と食べやすさがUP。

シートごとサクッと切れるので、便利です。

コツ・ポイント

お店で食べるホットサンドよりもおいしくするコツは、具材をたっぷり、ケチらないこと!
そして、バターの香りをパンにうつしながらカリッと焼くこと!

耳を落とした「サンドイッチ用」より、耳があったほうがむしろカリカリ食感が楽しめるので、耳ありを使うとよいですよ〜。

添え物のポテチは「ボウルダーキャニオン」のSea Salt & Cracked Pepperがおすすめです♡

白ワインにも合うし、深煎りのコーヒーにも合います。息子は牛乳との組みあわせが最高らしい。



SNSでシェア
詳しく見る