やってみました☆シャトルシェフでぶりの照り焼き☆

やってみました☆シャトルシェフでぶりの照り焼き☆
投稿日: 2019年10月8日 更新日: 2019年10月8日
閲覧数: 767
5 この人たちがステキしました
ステキをしている人
author
☆ご覧頂きありがとうございます☆ 日々の生活の中で不便を感じた時、...
シャトルシェフは煮込みがメインの使い方だとは思いますが、ホイル焼きがふっくら柔らかに出来たので、照り焼きも同じように作れるのではと思い試してみました。

材料

  • シャトルシェフ
  • キッチンペーパー

シャトルシェフのお鍋でぶりの切り身の両面をサッと焼きます

シャトルシェフのお鍋でぶりの切り身の両面をサッと焼きます

調味料を入れて、落し蓋代わりのキッチンペーパーをかぶせます

調味料を入れて、落し蓋代わりのキッチンペーパーをかぶせます

蓋をして5分加熱します

蓋をして5分加熱します

30分保温調理します

30分保温調理します

この間に副菜を作ったり調理の際の道具を洗ったりします。

コツ・ポイント

いつもはフライパンで作るのですが、柔らかさはほぼ変わらないようでした☆

ですが、加熱時間は半分程度で作れたのでガス代の節約になります。

いつものようにダンナさんは時間差で食べたのですが、保温も出来るので再加熱の必要がなくその点はやはりシャトルシェフならでは。

というわけでシャトルシェフでぶりの照り焼きも大成功!




SNSでシェア
詳しく見る


関連するキーワード