縫わない、編まないでできちゃうモコモコヘアゴム

縫わない、編まないでできちゃうモコモコヘアゴム
投稿日: 2014年10月18日 更新日: 2021年11月11日
閲覧数: 25,886
52 この人たちがステキしました
ステキをしている人
author
14歳女の子と12歳男の子のママです。出産前は美容師。ときどきヘアメイ...
セリア(ダイソーにもありました)で可愛い毛糸を見つけて、ついつい使い道も決めずに購入。ラッピングやヘアアクセにポンポンを作ろうかなっとも思いましたが、この不規則な太さを活かしたモノがいいかな。
秋、冬のおしゃれにピッタリ!モコモコが可愛いヘアゴムを作ってみました。

大人も子供も♡

大人も子供も♡

着けるととっても華やか(^ν^)
大人も子供も可愛い!コレ着けるだけでオシャレを楽しめちゃいます。

こちらも

こちらも

この毛糸も不規則な太さでした。

ゴムと毛糸

ゴムと毛糸

準備する物は、ゴムと毛糸。
毛糸は、太さが不規則な方があらが見えず、動きもあり、アジがでていいと思います。

ゴムは髪に2重で巻けるくらいの小さ目がオススメです。
結ぶ行程の途中で1度、髪に結んでみて、大きさを調節すると後あと、使い勝手がいいゴムが出来ます。

毛糸とゴムを結びます

毛糸とゴムを結びます

30cmくらいにカットした毛糸を15〜20本、ちょうちょう結び、リボン結び、固結びなどをしながらゴムに結んでいきます。
たまにクルクルとゴムに巻きつけたり、いろいろバランスを見ながら、ほつれないように考えて結びます。
仕上がりに近くなってきたら、1度髪に結んでみます。輪が大きいと感じる時は、調節して結んで切ってください。

長く出てしまった物と、近くの糸をさらに結んだり、とにかくほつれない!っを頭におきひたすら結ぶだけで完成です(^ν^)

糸

こんな感じの糸でした。
ピンクの方は、ボリュームが出にくいので4重にして、同じ行程(結ぶだけ)で作りました。

コツ・ポイント

解けてしまわないようにしっかり結んで下さいね。ゴムの大きさは、作った後でも大きい時は調整できるので、自分(子供)が1番しっくりくる大きさにすると冬の使えるアイテムになります。


SNSでシェア
詳しく見る