寿命はどのくらい?魚焼きグリルを長持ちさせるお手入れ方法

寿命はどのくらい?魚焼きグリルを長持ちさせるお手入れ方法
投稿日: 2019年7月2日 更新日: 2020年6月5日
閲覧数: 8,048
5 この人たちがステキしました
ステキをしている人
author
『助家事さん』は株式会社タスカジ( https://taskaji.jp/)が運営する...
お手入れが面倒だという理由から、ついついお手入れを怠りやすいのが魚焼きグリルですよね。しかし、グリルの寿命を延ばし、長持ちさせるためには、やはりお手入れが欠かせません。そこで今回は、ぜひ続けていただきたい、魚焼きグリルのお手入れ方法をご紹介します。

魚焼きグリルの寿命はどのくらい?

本体のガスコンロの平均寿命は、10年前後が一応の目安とされているようです。あくまで、平均なので、使用機種、使用頻度、取扱い方、お手入れの頻度などによって、寿命は大きく変わってきます。10年よりも早く寿命を迎える場合もあるようですし、10年以上経っても問題なく使える場合もあるようです。

魚焼きグリルは、ガスコンロの中でも、最も汚れやすい箇所でもあるので、お手入れを怠ると、確実に寿命を縮めてしまうことだけは確かです。

また、魚焼きグリルのお手入れを怠り、グリル内の汚れを放置すると、点火できなくなることがあります。お掃除すれば問題なく解決する場合が多いのにもかかわらず、寿命だと勘違いして、そのまま買い替えてしまうというケースは、実際にそれほど珍しくはないようです。

魚焼きグリルのお手入れ方法

1.受け皿と網のお手入れ

毎回使うたびに、洗って汚れを落としておくというお手入れが必要です。魚焼きグリルのメインの汚れは、油汚れと焦げ付きですが、どちらもついてすぐの場合は、簡単に落とすことが可能なので、結果的にお手入れが楽になります。お手入れの方法も、スポンジに台所用の中性洗剤つけ、それで油汚れや焦げ付きをこすり落とし、水で洗い流すだけと、とても簡単です。

焦げがひどい場合は、台所中性洗剤を入れたぬるま湯にしばらく浸けおきした後に、水で洗い流すようにしましょう。

2.グリル庫内のお手入れ

毎回、ぬるま湯に浸してよく搾った布巾で、さっと拭いておきましょう。このひと手間を加えるだけで、汚れが溜まりにくくなります。

魚焼きグリルの頑固な汚れのお手入れ方法

これまで魚焼きグリルのお手入れを長い間放置した汚れや、普段のお手入れで取り残してしまった汚れは、相当に頑固になっているので、お手入れとして、以下の方法を試してみましょう。

受け皿と網のお手入れ

重曹を入れてよく混ぜたぬるま湯に、受け皿と網を入れて、30分程度浸けおきします。重曹は、ぬるま湯1リットルに対して、大さじ3杯程度が一応の目安です。その後、メラミンスポンジで汚れをこすり落とします。あとは、水でよくすすぎ、よく乾かしてから元に戻せば完了です。

グリル庫内のお掃除方法

水250mlに重曹大さじ1杯を溶かしたもの浸したキッチンペーパーを庫内全体に貼り付けていき、さらに、その上からラップを覆っていきます。30分程度そのまま放置した後、ラップとキッチンペーパーを外し、布巾で汚れを拭き取っていきます。仕上げに布巾で水拭きして、よく乾かせば完了です。

コツ・ポイント

いかがでしたか?こまめなお手入れを続けることで、魚焼きグリルの寿命を延ばすことができますよ。なお普段のお手入れをさらに楽にするために、網にアルミホイルを敷くという方法や受け皿に片栗粉大さじ4と水300mlを入れるという方法があります。そちらもぜひお試しいただければと思います。

ライター:sion


SNSでシェア
詳しく見る