人気再燃?掃除機の紙パック式のメリットとデメリットについて知ろう

人気再燃?掃除機の紙パック式のメリットとデメリットについて知ろう
投稿日: 2019年7月2日 更新日: 2019年7月2日
閲覧数: 396
2 この人たちがステキしました
ステキをしている人
author
『助家事さん』は株式会社タスカジ( https://taskaji.jp/)が運営する...
サイクロン式の掃除機に主流になりつつある今、昔ながらの紙パック式の掃除機の人気が盛り返してきているようです。人気再燃の背景には、やはり紙パック式ならではの捨てがたい魅力が深く関係しているようです。そこで今回は、掃除機の紙パック式を見直すべく、そのメリットとデメリットについてご紹介します。

まずは掃除機の紙パック式とサイクロン式の違いについて

掃除機の紙パック式とサイクロン式の最大の違いは、ゴミの集め方です。紙パック式は、掃除機に紙パックをセットし、そこに吸引したゴミが集まるようになっています。紙パックにゴミがいっぱいになったら新しい紙パックと取り換える必要があります。

サイクロン式は、ダストボックスと呼ばれる、掃除機本体に、ゴミを集めるパーツが最初か搭載されていて、そこに吸引したゴミが集まるようになっています。サイクロン式は、基本的に、掃除機を使用後に、掃除機からダストボックスを取り出して、中のゴミを毎回捨てる必要があります。

実は、この違いが、両者のメリットとデメリットに深く関係してきます。

掃除機の紙パック式のメリットとは?

掃除機の紙パック式には、主に以下のようなメリットがあります。

1.ゴミ捨ての頻度が低い

紙パックにゴミがいっぱいになって、紙パックを交換するまでゴミを捨てなくてもOKです。サイクロン式が、ほぼ毎回、掃除機の使用後にゴミ捨てを行う必要があることを思えば、このメリットはかなり大きくなるでしょう。

2.衛生的にゴミを捨てられる

掃除機の紙パック式のゴミ捨ては、掃除機本体から紙パックを取り出して、紙パックごと捨てればOKです。取り出す際に、紙パックの中のゴミやほこりが舞い上がることもありませんし、中のゴミを、直接手で触ることも、目にすることもありません。

サイクロン式の場合は、ゴミ捨てのためダストボックスを取り出す際に、中のゴミやほこりが舞い上がることになります。またゴミ捨てのたびに、中のゴミを目にすることになりますし、うっかり手で触ってしまう場合もあります。

サイクロン式に比べると紙パック式の方が、はるかに衛生的にゴミ捨てができる点もメリットとして大きいでしょう。

3.お手入れが楽

掃除機の紙パック式は、紙パックがフィルターの役目も果たしているので、フィルターのお手入れが不要です。サイクロン式は、フィルターの定期的なお手入れが必要になります。また、ダストボックスのお手入れは、ゴミ捨てのたびに必要になります。

4.吸引力が大きい

サイクロン式に比べると吸引力が大きく、お掃除がスイスイはかどります。ただし、ゴミが増えるにつれて吸引力は下がります。

紙パック式の掃除機のデメリットとは?

1.紙パックの購入費用がかかる

紙パックは消耗品なので購入費用がかかります。

2.排気が不衛生

紙パック式は、掃除機で吸引して排気される空気が、紙パックの中にあるゴミを通過する通る仕組みになっているので、排気の衛生面が気になります。掃除機の使用中は、十分な換気が必要になります。ただし、今の紙パックは、昔と比べると、はるかに性能がよくなり、消臭抗菌加工などが施されたタイプになっているようです。そのため、このデメリットはかなり軽減されると考えられます。

コツ・ポイント

このところ人気が再燃しつつある紙パック式の掃除機のメリットとデメリットについてご紹介しました。「お手入れはなるべく簡単に済ませたい」「ゴミ捨ての際にゴミを目にしたくない」などの場合は、紙パック式の掃除機を検討されてはいかがでしょう。

ライター:sion


SNSでシェア
詳しく見る


関連するキーワード