韓国のママ友に教わった丸鶏で我が家の参鶏湯!

韓国のママ友に教わった丸鶏で我が家の参鶏湯!
投稿日: 2019年1月8日 更新日: 2019年1月12日
閲覧数: 34,873
13 この人たちがステキしました
ステキをしている人
author
20年間のイタリア生活で料理を学びディプロマを取得。 日本に帰国して...
参鶏湯は 韓国ではどちらかというと夏バテ防止に 夏に食べることが多いそうですが
我が家では 家族の誰かが風邪っぽいなんて言い出したら作る冬の定番鍋の一つです。
ローマにいたころ 知り合った韓国人のママ友に教わったものを我が家風にアレンジ~
鶏肉は1・5~2㎏ぐらいの丸鶏を使います。
あとは もち米とニンニク しょうがです。
本場は 朝鮮ニンジンや クコの実が入るそうですが手に入らなかったので入れてません。
水で煮ていきますが 味付けは不要です。
食べるときにそれぞれが 塩をふりお好みの味に仕上げます。
我が家では プレーンな塩の他 レモン塩や 梅塩など、
また辛味に ゆずこしょうや 辛子などを、薬味に ネギや すだちも添えます。
鶏のおいしさはもちろんですが 中に入れたもち米や
コラーゲンたっぷりのスープが この料理の醍醐味です。
我が家では 鶏をあらかた食べた後 このスープで豆腐や野菜をいただきます。
丸鶏は 手に入りにくいかもしれませんが お肉屋さんに注文も可能なところもあるようで
見かけましたらお試しください。

材料 (4人)

  • 丸鶏 :1.5~2㎏ぐらい
  • にんにく :6片
  • ショウガ :20g
  • もち米 :大さじ6

丸鶏は中を水洗いして キッチンペーパーなどで水気をしっかりふき取り
 にんにくは皮をむき ショウガは薄切り もち米は水に漬けておく

おしりのほうからニンニクを詰め水気をきったもち米 ショウガを詰めて 
 楊枝などでとじる
★首の部分の穴は大きめのニンニクでふさぐ

鍋に丸鶏を入れ ひたひたの水を加え 強火にかけ アクを取りながら煮ていく

アクが出てこなくなったら 丸鶏にアルミホイルなどをかぶせ弱火で2時間~コトコトと煮る

★水分がなくなってきたら水を足し 常に丸鶏がひたひた状態で煮ていきます

薬味や塩などを用意して それぞれお好みの味で食べる

コツ・ポイント

鶏肉は余ったら 骨をきれいにはずして サラダにしたり 卵焼きに入れたり
応用可能です。
鶏を煮るのは水のみで 味付けをしないので失敗することがなく
鶏肉のおいしさを味わうことができます。
各自が食卓で塩などを加え 味付けしながらいただきます。
コラーゲンたっぷりのスープのおいしさは格別です。


SNSでシェア


関連するキーワード