とろけちゃう暖かさ♪【付け襟】ならぬ【付けタートルネック】なネックウォーマー

とろけちゃう暖かさ♪【付け襟】ならぬ【付けタートルネック】なネックウォーマー
投稿日: 2019年1月7日 更新日: 2022年12月22日
閲覧数: 14,060
18 この人たちがステキしました
ステキをしている人
author
いかに簡略化するか!?と考えるのが好きです♪ 簡単に楽しくお料理がで...
首元の空いた服って、寒くて冬場は着る気がしないので、
ついつい、ハイネックとか、タートルネックのものばかりになってしまいます。
でも、そうすると、冬場は極端に、着る服が少なくなってしまいます。

ってことで、
【付け襟】ならぬ【付けタートルネック】を編んでみました。
ちょっと長めに編んで、服の下に余った部分を入れるので、
肩まで暖か。

せっかくなので
ふわふわモコモコの
ぬいぐるみみたいな毛足の毛糸で編んでみました。
肌ざわり抜群です。

材料 (25cm×57cmくらいの仕上がり)

  • 毛糸(miu ミュー) :3玉
  • 10号 棒針 :2本
  • ボタン(直径2cmくらい) :1個

使った毛糸はこちら

使った毛糸はこちら

ごしょう産業株式会社さんの miu ミュー
Col No.2  Lot No.18B

セリアで買いました。

編み図はこちら

編み図はこちら

一般的な作り目で25目作ったら
1段メリヤス編みをし、

後は、15目ガーター編み、10目メリヤス編みを
110段編みます。

この毛糸、毛足が長くて、
一体何段編んだか数えるのは至難の業なので、
一段編むごとに【正】の字を書いていくことをおススメします。

もしくは、
数えるのはあきらめて、欲しい長さまで編む!っていう方法でも問題ナシですが。

ちなみに、57㎝まで編みました。

編み終わりは伏せ止めで

編み終わりは伏せ止めで

編み終わりは伏せ止めでOKです。

毛糸の端は、編んだ中に入れ込んでください。

ガーター編みとメリヤス編みを組み合わせているので
ちょっと台形に仕上がります。

首の部分は、よりモコモコしたガーター編み。
肩の部分はメリヤス編み。
メリヤス編みの部分がちょっと長くなるので、肩に馴染みやすいです。

ボタンをつける

ボタンをつける

写真のように1個ボタンをつけます。
直径2cmくらいまでなら、わざわざボタンホールを作らなくても
編み目の隙間にどこでもボタンがかけられます。

完成!

完成!

このまま服の上にネックウォーマーとして付けてもいいのですが

こうやって服の下に入れ込むと、
動いても隙間ができないので
めちゃめちゃ暖かいです♪

コツ・ポイント

毛足が長い毛糸なので
どこを編んでいるか分からなくなりますが(笑)
暖かさは格別です。

SNSでシェア
詳しく見る


関連するキーワード