ダイソー商品でガス台排気口カバーを作って、お掃除簡単に♪

ダイソー商品でガス台排気口カバーを作って、お掃除簡単に♪
投稿日: 2017年10月13日 更新日: 2023年3月1日
閲覧数: 12,043
16 この人たちがステキしました
ステキをしている人
author
力を抜いてゆるゆるでいこう🎵
台所のガス台。
魚焼き機能を使うときに大切な、排気口。
ここ、お鍋で調理していたら、汚れるんですよね。
ガラステーブルを拭くときに、ついでに網の部分を拭いてはいるけど・・
網の中に、汚れが入っているんじゃないのかなぁと思うこと、あり。
特に、油を使う料理!

作ることにしました。
火を使うので、燃えない素材を捜索!
ダイソーにありました。
といっても、アルミレベルなんですけどね。
でも、使えそう♪

問題の場所

問題の場所

ガス台の奥にある、排気口。
魚焼きグリルを使わないときは、まったくいらない機能。

使ったもの

使ったもの

ダイソーの200円商品の、ポータブルガス台の下の汚れを受けるもの。
使用材料に、アルミとあったので買ってみました。

遊び心がざわつき、ステッカーも買ってみました。
100円商品です。

切る

切る

アルミの汚れ防止を広げ、二つ目の折り目を切ります。
切り取ると、くの字になります。

これにはすでに切れ目が入っています。
切り取る前に、裏からテープで補強しています。
最初の写真のピンクの猫ちゃんの部分に切れ目があります。そこです。

ステッカーを貼る

ステッカーを貼る

そのままでもよかったんですが、急に、可愛くしたくなりました。

ステッカーは、自由にぺたぺたが基本。
そんな自由、私には迷惑な話なんですが、まあ、貼りました。
センスは・・目をつむってください。

裏面にも、ステッカー貼ってます。
鳥かごバージョンとペア猫バージョン。
ステッカーセットを、半分ずつ貼りました。

置いてみる

置いてみる

はい。こんな感じ。
え?これじゃ、火が危ないのでは?って?
実験してみましょう。

中火でお試し

中火でお試し

三口コンロの奥。
鍋を置いて、火をつけてみました。
火があたるような感じはないですが、
長く火を使う料理は、手前のガスを使うことにしましょうか。
そして、
汚れて作り直すときは、角度を変えましょう。
くの字ではなく、への字に。

コツ・ポイント

魚焼きグリルを使う時は外して使います。
ここは、空気の出入りですので、カバーが邪魔になります。

料理をしていたら、カバーは汚れます。
汚れが目立ってきたら、残りの材料で、また作ります。

買ったアルミのポータブルガス台の下に敷くこれは、使用材料を見たつもりでしたが、紙をコーティングしたような感じです。
はっきりとアルミとわかる素材と迷ったんですが・・やっぱ、そっちがよかったかな。と思いました。
火に気を付けて使おうと思います。




SNSでシェア
詳しく見る