フリーマーケット出店のコツ

フリーマーケット出店のコツ
投稿日: 2017年4月14日 更新日: 2017年4月14日
閲覧数: 4,258
7 この人たちがステキしました
ステキをしている人
author
愛知県一宮市在住のライフオーガナイザー&クローゼットオーガナイザー...
まだ使える物を捨てることが出来ない「捨てるのが苦手」な私は、
フリーマーケットを活用!

いちばん初めに出店したのは、15年程前。
途中、子どもが小さかった時期は、フリマから遠ざかっていましたが、
今までに10回以上出店しています。

今までの経験から、
フリマ出店を「ラクに楽しく」するコツを少し。

(※私の個人的意見です)

【開催日・場所】

【開催日・場所】

【開催日】 

・気候の良い時期を選ぶ(春・秋 暑くもなく、寒くもない時期)

【開催場所】

・車出店の会場がGood

※出店方法は「手持ち出店」と「車出店」の2通りあります。
(会場によって決まっています)

《車出店》
出店場所に車を止め、車の前に品物を出すので、荷物の運搬の手間がなくラクです。

《手持ち出店》
会場周辺に車を止め、出店場所まで荷物を手で運ぶので、車出店に比べると手間がかかります。
荷物を移動する時用にカートを準備されることをおススメします。
  

【準 備】

・一緒に出店してくれる人を探す

 お友達と出店すれば、暇な時もおしゃべりして時間があっという間(^_^)v

 トイレのことを考えると、誰かいてくれた方がいいですね。
(1人で出店する場合は、お隣のブースの方に留守番をお願いします)

 
・お釣り→小銭で3000円程あれば十分。

【値段の付け方】

【値段の付け方】

・値付け

→売りたい金額より少し上乗せした額を設定
 ただし、中古品の場合、500円以上つけてもなかなか売れません(^▽^;)

(参考)子ども服の古着の相場:100~300円

→値段は、わかりやすい場所につける

・マスキングテープに油性ペンで金額を記入し、貼り付けます(何にでもつけられるので便利です)

・同じジャンルの物は、まとめて○○は△△円と大きく貼り紙し、手間をカット

・子どもの服は、必ずサイズを記入!性別も書いておくとよりGOOD!
 
・電池式の物は、電池を入れておく(動作確認もしておく)

【当日の持ち物】

・出店料 ・お釣り ・袋(たまに袋に入れて~と言われます) ・敷物 ・お茶 ・ランチ ・おやつ・暑さ、寒さ対策

【注意すること】

・なるべく早めに現地入りする→フリマは午前中が勝負です
・見やすく並べる→同ジャンルの物は近くに配置
・なるべく値下げ交渉に応じる→小額でも喜ばれます
・適度に話しかける ( ´艸`)
・売れなくても気にしない (;^_^A
・笑顔で接客! (^O^)

不用品を手放すことが目的のフリマなので、儲けはあまり気にせず、遊びと思って楽しむのがいちばんのコツかもしれません (^-^)/  

コツ・ポイント

フリーマーケットは、お客さんが状態を確認して買っていかれるので、クレームやトラブルになったことはありません。

ノーブランドでも、古くても、多少の傷みがあっても、売れるので(格安ですが)何でも出品しちゃいましょう~♪
ただし、生き物や食べ物など出品不可のモノもあります。
(主催者に確認してくださいね)

不用品を売って、お家の中をスッキリ&お小遣いもGet!!
おススメです♪

SNSでシェア
詳しく見る


関連するキーワード