お知らせ

コメント

編集部からの連絡

関連するキーワード
全てのキーワードを見る
イベント

イースターエッグ入門☆卵の色付け③

  • ブログで紹介
よんぴよまま
よんぴよままさん
4人の子どもに振り回されながらもイロイロ楽しんで挑戦しています...もっと見る
イースターエッグ入門☆卵の色付け③

イースターエッグ作りでまずは考える色付け方法。今回は伝統的な方法を紹介します。

材料 (いくつでも)

  • 玉ねぎの皮

色付け

色付け

今回は伝統的なイースターエッグの色付け方法です。ゆで卵を茹でるときに一緒に玉ねぎの皮を入れます。使う卵は白い卵のほうがきれいに染まります。玉ねぎの茶色い皮部分のみを使いますが量が多いほど深い赤色に染まります。(本来はパステルカラーではなくこちらがイースターの色ともいわれています)1個分程度だとナチュラルな茶色に染まります。

茹でる前に卵にシールやマスキングテープを貼っておくと模様を付けることができます。卵の殻は意外とざらつきがあってシールが貼りにくいので貼る前に少し付近などできゅっきゅと拭いておくと接着しやすくなります。

ハーブの葉などを貼りストッキングに入れてきゅっと絞って茹でると葉の部分が白く残りすごく素敵です。

とり型クッキーと一緒にセットにすると可愛いです♡
何年も前のイースターでたくさん作ってプレゼントしたらどうやってドット柄にしたの?とみんなにびっくりされました(笑)模様がなければ普通の赤卵に見えますよね~~~~




イースターに♪ドット柄茹で卵の作り方

2015.02.20

お手拭き用の籠に並べてもナチュラルな色合いで可愛いです。

イースターエッグ入門☆卵の色付け①

2017.03.17

イースターエッグ入門☆卵の色付け②

2017.03.17

コツ・ポイント

捨てるものを使って染める先人の知恵です!伝統的なイースターエッグでは玉ねぎの皮を使って深い赤色に染めていたそうですが他の野菜を使ってもいろんな色に染められるようなので今年は実験したいと思っています♪完全に天然の植物を使って染めているので体に優しい安心安全な方法です。お子さんが触っても口にしても大丈夫なので自然派、健康志向の方にはおススメです♪

よんぴよまま
よんぴよままさん
4人の子どもに振り回されながらもイロイロ楽しんで挑戦しています。お弁当作りやスイーツ作り、お花、ラッピング、お料理や生活全般に活用できる精油を学び実践しているところ。以前から開催しているキャラ弁...
  • ブログで紹介

このアイデアはいかがでしたか?

もっと詳しく知りたい点や、気に入った点についてコメントを残しましょう!

コストコ男子さん

22648

Welcome~♪ コストコに10年以上通い続...

Meisenさん

6511

築30年の賃貸マンションに住んでます。 原状回...

roseleafさん

2675

四姉妹の母です。 ちょっとした時間を見つけて、...

ひこまるさん

1600

簡単レシピ・100均グッズでテーブルコーディネー...

こいとさん

793

ハンドメイドが大好きなこいとです。8歳の娘&6歳...

コストコ男子さん

102101

Welcome~♪ コストコに10年以上通い続...

ひこまるさん

46488

簡単レシピ・100均グッズでテーブルコーディネー...

Meisenさん

30322

築30年の賃貸マンションに住んでます。 原状回...

PANDA@Factoryさん

29843

中古の家を100均グッズや木材を使ってセルフリノ...

ひこまるさん

139394

簡単レシピ・100均グッズでテーブルコーディネー...

RIRICOCOさん

131528

3児の子育てしながら築30年マンションのDIYを...

roseleafさん

108398

四姉妹の母です。 ちょっとした時間を見つけて、...

コストコ男子さん

102817

Welcome~♪ コストコに10年以上通い続...

奥野敦子さん

82408

こんにちは^^主婦17年目、二人の娘(11歳&1...

家計簿
会員登録

暮らしニスタの最新情報をお届け

ステキをしている人
ブログでアイデアを紹介する

下記のタグをコピーして貼り付けるとプレビューのようにブログに表示されます

イースターエッグ入門☆卵の色付け③
2017年03月17日

イースターエッグ作りでまずは考える色付け方法。今回は伝統的な方法を紹介します。
よんぴよままさん
ブログでアイデアを紹介する

下記のタグをコピーして貼り付けるとプレビューのようにブログに表示されます

イースターエッグ入門☆卵の色付け③
2017年03月17日

イースターエッグ作りでまずは考える色付け方法。今回は伝統的な方法を紹介します。
よんぴよままさん