大掃除は、子どもと一緒に11月がオススメ!

大掃除は、子どもと一緒に11月がオススメ!
投稿日: 2016年11月11日 更新日: 2017年10月30日
閲覧数: 1,829
2 この人たちがステキしました
ステキをしている人
author
英国の医師バッチ博士が確立した「バッチフラワーエッセンス」を暮らし...
大掃除と言えば、12月。
12月に窓を開けて掃除をするのは、辛いですよね。
寒がりの私には、厳しい作業です。

でも、寒さが厳しくなる前の11月の大掃除は、そんなに大変じゃないんです。

ただでさえ時間がなくせわしない12月。
大掃除から解放されるだけで、
時間に余裕が生まれ、心も軽くなります♪
慌ただしいクリスマスやお正月の準備、
そして、冬休みに入った子どもたちに時間を割くことができるのです。

大掃除を11月に行なうメリット

大掃除を11月に行なうメリット

11月に大掃除を行なうメリットは沢山あります。

・日中は窓を開けても寒くない
・外の掃除も日中は、気持ちいい
・水仕事も辛くない
・汚れが落ちやすい。
・祝日が多いので、家族も巻き込める
・忙しい12月に、ゆとりの時間ができる。

あげればきりがないほど、まだまだ沢山あります。

同じ作業をする場合、

・すごく寒い時にするのか?
・気候が穏やかな時にするのか?

お天気や温度で、作業の辛さは変わってきます。
汚れ落ち方も、かなり違うんですよ。

11月の大掃除、まずは床掃除から!

11月の大掃除、まずは床掃除から!

お天気の良い日の午前に窓を開けます。
家具をどーんと移動させて広いスペースができると、
子どもたちのテンションが変わります!

わーっ!と騒いでいる間に、
床拭きとワックスがけスタート!

次は、窓掃除!

次は、窓掃除!

ウォーミングアップが終わったところで、
普段見慣れないスクイージーや、水鉄砲、霧吹き、新聞紙などの道具を並べます。
「これで何やるん?」
と言い出したら、すぐに窓拭きをスタート!

最初は興味本位で、使ったことのないスクイージーにトライ。

慣れてくると、水鉄砲でガラスを濡らし、キュッキュと新聞紙でふき取る。

これだけで窓ガラスがピカピカになるとわかると、結構頑張ってくれます。



そして、ご褒美のおやつタイム♪

ここで一句。

「借りるなら〜、猫の手よりも子どもの手」

大掃除が終わったら、レイアウト変更して気分転換!

大掃除が終わったら、レイアウト変更して気分転換!

窓ガラスがピカピカになったので、
ベランダガーデンがよく見える位置に、
ダイニングテーブルをググッとよせてみました。

ちょっと、カフェ気分♪

レイアウト変更すると、いつもの部屋とはちょっと違った気分です。

お花も飾るとキレイ度UP!

お花も飾るとキレイ度UP!

テーブルの上には、お庭のお花を。

これだけで、キレイになったお部屋が、
さらにキレイに見えてくるから不思議ですね。


コツ・ポイント

11月の大掃除、子どもと一緒にお試しあーれー!
ちなみに、次の大掃除は5月。
梅雨入り前に、カビを防いでくれるんですよー(^^)

ティムシェルさんのおすすめ情報

SNSでシェア
詳しく見る


関連するキーワード