お知らせ

お知らせがあるとここに表示されます

コメント

コメントがあるとここに表示されます

編集部からの連絡

編集部からの連絡があるとここに表示されます

下敷きとフォトフレームで簡単!100均フェイクグリーンのインテリアフレーム

下敷きとフォトフレームで簡単!100均フェイクグリーンのインテリアフレーム
投稿日: 2016年4月19日 更新日: 2017年3月6日
閲覧数: 17,951
147 この人たちがステキしました
ステキをしている人
author
簡単レシピ・100均グッズでテーブルコーデ・お子さんと楽しめるハンドメ...
元々、雑貨屋さんで飾られてた可愛いインテリアフレーム☆お値段も高く、重くて落ちた時が怖いなっと思っていて、いつかどなたにでも楽しんで頂ける材料で出来ないか・・・と思っていた物がやっと形になりました。

材料は全て100均で揃います。今回は色も塗らずマスキングテープで枠の色も簡単にチェンジ☆接着剤も何も使わないので手も汚れず本当に簡単リメイクで出来ちゃうんです。

今回の決め手はセリアのA4サイズのフォトフレームと、なんと透明の下敷き☆
ガラスっぽく仕上げながらも軽くて手軽に作れるんです♪
中のフェイクグリーンもダイソーで108円。
どうしても反射しちゃうので、本物の良さが写真では見えないのが残念ですが、白い壁を邪魔せず、圧迫感なく緑を取り入れられる新しいフェイクグリーンのインテリア☆
落ちてきても軽いのでガラスの様に飛び散ったりする心配もありません。

あるだけで明るくおうちカフェっぽくなるので是非お試し下さい。

季節によって中のフェイクグリーンを入れ替えて楽しんで頂く事も出来ます。
本物では味わえないフェイクならではのインテリアをお楽しみ下さい。

材料 (材料(1つ分))

  • フェイクグリーン ユーカリ(ダイソー) :1本
  • 木製アートフレームA4(セリア) :1つ
  • A4下敷き クリア(セリア) :2枚
  • 転写シール レター白(セリア) :適量
  • マスキングテープ無地白(セリア) :適量
  • 三角カン(三角吊金具)セリア 私物 :2個
  • 押しピン セリア 私物 :2個
  • 紙紐 私物 :適量

材料の写真と詳細

材料の写真と詳細

今回使用したのはダイソーのユーカリのフェイクグリーン。色が3色あったので今回は枠を白にしたかったので白めの色合いをチョイスしました。あとはセリアに売っています透明のA4下敷きが2枚と木製A4のアートフレームという商品。マスキングテープの無地の白もセリアで売っています。転写シールもセリアのレターという物を使用しています。

フレームについているダンボールの台紙と透明のシートは今回はしようしませんのではずしておいて下さい。

手順1.転写シールを貼る

手順1.転写シールを貼る

下敷き2枚の内の1枚の右端(お好きな所で結構です)に転写シールのレター白を貼ります。薄いシートを必ずとってから付属の棒で擦り転写させて下さい(ずれない様にマスキングテープなどでシートを固定してから作業すると転写しやすいです)

こちらが転写した後の写真です。

こちらが転写した後の写真です。

今回はレターが合うかな?っと思って家に残ってた物を使いましたが、どれを使われるかはお好みでお願い致します。

手順2.枠にマスキングテープを貼る

手順2.枠にマスキングテープを貼る

色を塗って頂いても結構ですが、今回は時短にもなるので、セリアの白の無地タイプのマスキングテープを枠に貼りました。裏側は見えないので表側だけ貼ればOKです。マスキングテープは重ねて貼っても綺麗ですし、段差も綺麗に貼れるのでお勧めです!

マスキングテープを貼ったのがこちら

マスキングテープを貼ったのがこちら

枠の内側も側面もマスキングテープを貼れば、元々白い枠の様に綺麗に仕上がりますのでお勧めです☆

手順3.フェイクグリーンを下敷きに重ねる

手順3.フェイクグリーンを下敷きに重ねる

まず、フェイクグリーンですが、長さをペンチなどでカットします。少し葉っぱの量が多すぎる様に感じたのでカットして程良いバランスにしました。(残った分は他の材料に使えるのでとっておいて下さい)
転写してない、もう一枚の下敷きの上にフェイクグリーンを置きます。

手順4.下敷きでサンドする

手順4.下敷きでサンドする

フェイクグリーンを置いた上に更に転写した方の下敷きを重ねてサンドします。

フレームの枠を裏側に向けておきます

フレームの枠を裏側に向けておきます

裏側に向けた写真です。

手順5.枠にサンドした下敷きを丸ごと挟む

手順5.枠にサンドした下敷きを丸ごと挟む

手順4でサンドしたフェイクグリーンを下敷きごと、転写シールを貼った方を下にしてフレームに入れて、裏側の留め金を全てセットします。

手順6.三角カンをつける

手順6.三角カンをつける

壁掛けにしたかったので三角吊り金具(三角カン)をつける事にしました。左右2か所に付けます。
三角カンには付属のネジがついていますが、今回は時短の為省略して、押しピンでとりつけました。三角カンのネジをとりつける穴の部分に押しピンを刺すだけなので一瞬で出来ちゃいますお好みの麻紐や紙紐などを通して壁にかけて下さい

お好みの壁などにかけて下さい。

お好みの壁などにかけて下さい。

表面が透明なので、カウンターキッチンなどに窓風に飾っても可愛いと思います。ずっと季節を問わずに使う事もできますし、季節に応じて中のフェイクグリーンを簡単に取り替えて季節毎の移り変わりをグリーンやお花で表現出来るディスプレイの完成です。

コツ・ポイント

フレーム本体にも薄いプラスティックの透明セロハンみたいな物が入っていますが薄いので真ん中にフェイクグリーンを入れると綺麗に挟めないので丈夫な下敷きを2枚使用しました。少し真ん中に厚みが出ますが、問題なく飾って頂けると思います。



SNSでシェア
詳しく見る